人形焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Beijing 人形烧.jpg

人形焼(にんぎょうやき)は、カステラこしあん小倉あんなどを入れて焼いた和菓子である。のないものは単に餡なしと呼ばれたり、カステラ焼きとも呼ばれる。変わり種としては、抹茶あん、さくらあんやカスタードクリームなどを入れたものもある。

東京都中央区日本橋人形町が発祥地とされ[1]、東京土産として有名である。

かたち[編集]

浅草仲見世の人形焼の実演販売。大正時代に人形町の人形焼に製法や実演販売方式などを習って始められ、当初は名所焼きと称していた。

文楽人形七福神の焼き型を用いたものが伝統的なものであったが、焼き型は時代とともに移り変わっている。大正時代に人形町で修行した職人が浅草で始めたものは、雷門や五重塔など浅草の名所をモチーフとし、当初は「名所焼」と称して販売していた[2]。また戦時色の濃かった時代は戦車大砲などを模したものもあった。現在でも人形町のごく一部の店舗ではこの焼き型で製造されている。近年ではハローキティをはじめとする様々なキャラクターを模した型を用いた製品もあり、合格を祈念した人形焼もある。

日持ち[編集]

浅草寺境内の売店等では、人形焼をその場で焼いて販売しており焼きたての食感を楽しめるが、その日のうちに食べてしまわないと風味が落ちてしまう。一方、鉄道駅や土産物屋で販売されている人形焼は、工場で量産されたものなのでどうしても焼きたての風味は薄れてしまうが、真空脱酸素パックされ1ヶ月程度の長期保存が可能となっており、土産物や進物として人気が高い。

出典[編集]

  1. ^ 人形焼 - 東京観光財団
  2. ^ 久保田万太郎 「海酸漿」 大岡山書店、1930年

関連項目[編集]