マジュンガサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジュンガサウルス
Majungasaurus head BW.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : ケラトサウルス下目
Ceratosauria
: アベリサウルス科
Abelisauridae
: マジュンガサウルス
Majungasaurus
  • M. crenatissimus

マジュンガサウルス (Majungasaurus) は、白亜紀 後期のマダガスカルに生息していた竜盤目獣脚亜目・ケラトサウルス下目・アベリサウルス科の恐竜。 高さ約2.7m、体長約8m、推定体重約1t。

形態[編集]

堅頭竜類に似た骨格をしている。胴体から尻尾にかけて小さな骨の突起のような物が多数ある。頭の上には8cmほどの太い角が突き出ており、これで頭突きをして戦った、あるいは大人であることを示したりメスを引き寄せるために派手な色をしていた、とも考えられる。尾は強靭。腕は非常に短い。脚も短く、このために走る速度はそれほど速くなく、16~24km/h程度と推定される。背骨や肋骨の間が気嚢で満たされていたと思しき跡が見受けられ、身体そのものは軽快なつくりであったと推測される。首の骨は非常に頑丈で筋肉の付着面が大きいことから、大型の獲物を餌にすることが出来たと思われる。脳の構造から視覚をつかさどる部分が十分に発達していないため、目が悪く両眼視も未発達だった。

生態[編集]

マダガスカルという狭い孤島の中で生活していたため、他個体との接触の確率が高かったと思われる。敵(特に同種)との接触から子供を守るため、メスはオスよりも戦闘能力が高かったのではないかという説もある。実際、発見されたマジュンガサウルスの化石には同種の歯に傷つけられた跡が幾つもあったことから、彼等が時に共食いをしていたのは間違いない。

しかし、マジュンガサウルスが、インドで発掘されているラジャサウルスと類似していることから(ラジャサウルスも頭部に太い角を持つなど、マジュンガサウルスとは近縁であると思われる)、そもそも、白亜紀後期のマダガスカル島はまだ完全に孤島化しておらず、マダガスカル同様にアフリカ大陸から分裂したインド等の他の陸地と度々、部分的にではあるが繋がっていたのではないかという学説が提唱されはじめている。[1]

名前はマダガスカルのマジュンガ (Majunga)、正式にはマハジャンガ (Mahajanga) 付近で発見されたことに因む。マダガスカル島での最高位捕食者だったと思われる。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『大恐竜展2009~知られざる南半球の支配者』10頁、86項
  2. ^ 『大恐竜展2009~知られざる南半球の支配者』84頁

関連項目[編集]