ネオヴェナトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネオヴェナトル
生息年代: 125 Ma
Megalosaurus, World Museum Liverpool (2).JPG
復元骨格
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス科 Allosauroidea
: ネオヴェナトル科 Neovenatoridae
: ネオヴェナトル Neovenator
学名
Neovenator
Hutt, Martill & Barker, 1996

ネオヴェナトルNeovenator 「新たな狩人」の意味)はアロサウルス上科獣脚類恐竜の属の一つである。 イギリス、ワイト島で発見されて以来、最もよく知られているヨーロッパの大型肉食恐竜の一つとなっている。最初はメガロサウルス属の新種と考えられていた。体長は約7.5 m、華奢な体格で体重は1000-2000 kgと推定されている[1]。体長10 m以上であったことを示す化石も発見されているが、非常に断片的である[2]白亜紀前期、バーレム期英語版(1億2500万年前)に生息していた。

発見と種[編集]

復元図
大きさの推定とヒトとの比較

タイプ種の最初の化石は1978年にワイト島南西部の海岸にあるウェセックス層英語版の様々な植物を含む粘土岩と泥灰岩英語版の層から発見された。ずっと後の1989年になってこの標本の他の骨が発見された。Steve Hutt博士によって発掘され、Huttのチームは今までに骨格の70%を発掘している。

1996年にSteve Hutt、MartillおよびBarkerにより記載された当時、ネオヴェナトルはヨーロッパから唯一知られているアロサウルス科の属と考えられた。しかし、その後の研究ではアロサウルス類の進歩的な分類群であるカルカロドントサウルス科とより共通点があり、Benson、CarranoおよびBrusatteによる2010年の研究などではカルカロドントサウルス科と実際に近縁である(両者でカルカロドントサウルス類Carcharodontosauria)と呼ばれる分類群を形成する)ことが示されているが、実際にはさらにメガラプトル類megaraptora)により近縁で、ともにネオヴェナトル科Neovenatoridae)を形成する[3]

生息地[編集]

ネオヴェナトルの化石は最初20世紀にワイト島イングランド南部)で発見された。白亜紀前期にバリオニクスポラカントゥスイグアノドンなどとともに生息しており、当時は捕食者の頂点の一つであった。

病理学[編集]

Neovenator saleriiホロタイプには多数の病状がある。中ほどの尾椎の癒合、中ほどの尾椎の横突起の骨折が治癒した痕、趾骨を冒す骨棘英語版腹肋骨英語版の骨折の治癒した痕、複数の偽関節症英語版の痕跡…および肩甲骨の骨折などが挙げられている[4]

参照[編集]

  1. ^ https://sites.google.com/site/paleofilescom/neovenator
  2. ^ , Dodoson P, Weishampel D. B & Osmólska H, The Dinosauria (2:nd edition (2004)), University of North Carolina Press, p. 104.
  3. ^ Benson, R.B.J., Carrano, M.T and Brusatte, S.L. (2010). "A new clade of archaic large-bodied predatory dinosaurs (Theropoda: Allosauroidea) that survived to the latest Mesozoic." Naturwissenschaften, 97:71-78 . doi:10.1007/s00114-009-0614-x
  4. ^ Molnar, R. E., 2001, Theropod paleopathology: a literature survey: In: Mesozoic Vertebrate Life, edited by Tanke, D. H., and Carpenter, K., Indiana University Press, p. 337-363.

外部リンク[編集]