竜弓類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竜弓類
生息年代: 石炭紀現代
ムカシトカゲ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
下門 : 顎口下門 Gnathostomata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
階級なし : 有羊膜類 Amniota
階級なし : 竜弓類 Sauropsida
学名
Sauropsida
Goodrich, 1916

竜弓類(りゅうきゅうるい、Sauropsida )は四肢動物有羊膜類分類群の一つ。蜥形類とも。有羊膜類の二大グループの一方で、哺乳類よりもワニトカゲに近縁な生物の総称。他にカメ恐竜鳥類ヘビなどを含む。中竜類(絶滅)と爬虫類に分岐。

起源[編集]

石炭紀中期、爬形類の中に発生の初期段階に羊膜を持つことで陸上での産卵が可能となったグループ、有羊膜類が現れた。かれらは水際から離れる事の出来ない両生類とは異なり乾燥した陸上生活に完全に適応し、急速に分布をひろげていった。そうした中から二つの大グループが現れる。一つは哺乳類へとつながる単弓類。もう一つは(鳥類を含む)爬虫類へとつながる竜弓類である。石炭紀中期には両者は分岐していたと思われる。

分類[編集]

Benton, 2004など参照。

†は絶滅

上位分類[編集]

カシネリアウェストロティアーナは所属する分類群が不明な初期の有羊膜類である。

下位分類[編集]

外部リンク[編集]