クルロタルシ類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルロタルシ類 Crurotarsans
生息年代: 三畳紀–現世
Crocodylus mindorensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Sauropsida
亜綱 : 双弓類 Diapsida
下綱 : 主竜形類 Archosauromorpha
階級なし : クルロタルシ Crurotarsi
学名
Crurotarsi
Sereno & Arcucci, 1990

クルロタルシ類とはワニ植竜類を含む主竜類中の二大グループの一つ。もう一つの大グループは鳥頸類(オルニソディラ類)で、恐竜鳥類翼竜ラゴスクス類を含んでいる。

クルロタルシ類は三畳紀において大いに繁栄した。この時代のクルロタルシ類は多くの系統を輩出した多様性を誇り、陸上生態系において支配的地位にあったものの、三畳紀末期の大量絶滅で大打撃を受け多くの種が絶滅。恐竜にその地位を譲ることになる。三畳紀末期を生き残ったワニ類はジュラ紀白亜紀においてかなりの多様性をもったが、恐竜や翼竜を絶滅させた白亜紀末期の大量絶滅で打撃を受け、多様性は減少した。

現生生物では、クルロタルシ類はワニ類、鳥頸類では鳥類のみである。

系統[編集]