エドモントサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドモントサウルス
Edmontosaurus
エドモントサウルス
Edmontosaurus annectens
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : ハドロサウルス亜科
Hadrosaurinae
: エドモントサウルス属
Edmontosaurus
学名
Edmontosaurus
Lambe1917

エドモントサウルス中生代白亜紀マーストリヒト期(約7,100万 - 約6500万年前)に現北アメリカ大陸西部生息した鳥脚亜目草食恐竜である。エドモントサウルス属名の由来は(この属としての)最初の発見地であるカナダ、アルバータ州エドモントン累層にちなむ。

特徴[編集]

ハドロサウルス科の中でも発見例が多くよく知られた属である。体長は成体で9 m程度が一般的だが種によっては13 m、3.5tに達したものもおり、最大級のカモノハシ恐竜である。ミイラ化した化石が発見されており鱗を持つ皮膚の構造やパッドのある足の構造などが分かっている。特徴的な長い口には筋肉質の頬袋と奥に最大60列におよぶ密接した多数の歯からなるデンタルバッテリー構造を持ち、それらを前後に動かし固い食物を食べることができた。そして、磨耗した古い歯は抜け、のように新しい歯は絶えず新しい歯と取り替わっていた。化石化されたエドモントサウルスの体腔からは針葉樹の葉、種子、および小枝の化石が発見されており確かに針葉樹食であったようだ。上下に扁平で前後に長い頭からアヒルのような顔とされるが鼻の構造などから実際には目から鼻にかけて鼻とつながった筋肉の袋を持っていた可能性があり一般に考えられるほど扁平ではなかったという説もある。この袋を膨らますことで他の個体とコミュニケーションをとっていたのではないかと考えられている。 また、ミイラ状の化石も発掘されており、そのうちの一つには「ダコダ」という愛称が与えられている。

画像[編集]

主な種[編集]

  • E.レガリス E.regalis Lawrence M. Lambe 1917、模式種
  • E.アンネクテンス E.annectenns Marsh 1892 (クラエオサウルス・アンネクテンスとして)=アナトサウルス・アンネクテンス(模式種)

アナトティタン・コペイ (Anatotitann copei) も一時期 E.コペイにされたことがある。名称の変遷についてはハドロサウルス科を参照

関連項目[編集]