ランベオサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランベオサウルス
Lambeosaurus
ランベオサウルス
ランベオサウルス復元図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : ランベオサウルス亜科
Lambeosaurinae
: ランベオサウルス属
Lambeosaurus
学名
Lambeosaurus
Parks1922
  • L.lambei(L.ランベイ)
    模式種
  • L.laticaudus
    (L.ラティカウドゥス)
    Morris, 1981
  • L. magnicristatus
    (L.マグニクリスタトゥス)
    Sternberg1935
  • L. paucidens(L.パウキデンス)
    (Marsh1889)

ランベオサウルス(Lambeosaurus )は中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息した、大型の鳥脚類恐竜

発見と名称の由来[編集]

1923年Dr. William Parks によりカナダアルバータ州で発見され、カナダにおける初期の古生物学者化石ハンター ローレンス・ラム (Lawrence Lambe) にちなみランベオサウルス(ラムのトカゲ)と命名された。化石はアルバータ他バハ・カリフォルニア半島モンタナ州でも発見されている。

特徴[編集]

体長10 - 15メートルで鳥脚類としては最大級。パラサウロロフスコリトサウルスなどの他のランベオサウルス亜科のように、頭頂部に特有の骨突起を持っていた。ランベオサウルスの場合骨突起はコリトサウルスと似ているがやや小さく、前傾している。また頭部後方に向かって緻密骨の棒が一本突き出しており、コリトサウルスとは容易に区別がつく。骨突起は内部が空洞で、鼻腔に通じていた。この構造により嗅覚を高めるか、または大きな声を発することができたと考えられる。 頭部の骨構造に関しては、全体的に小ぶりであったり、もしくは後部の骨の突起がなかったりと、個体間でやや差がある。かつてはこれを元に個々に別の種であると考える研究者もいた。しかし現在ではこれは性別、あるいは成長の違いによるものだと考えられている。

皮膚の印象化石からは、腹を除く一定の箇所に多角形の突起をもつ、薄い皮膚であったことがわかっている。

足跡化石からは群れを作り四足歩行で移動していたことがわかっている。速度はかなり速く、他には無防備であるこの動物の捕食者に対する唯一の防衛手段であったと考えられる。

関連項目[編集]