オーラフ・ショルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショルツ(2009年8月)

オーラフ・ショルツ(Olaf Scholz, 1958年6月14日 − )は、ドイツ政治家。所属政党はドイツ社会民主党(SPD)。2007年から2009年まで、アンゲラ・メルケル内閣で労働・社会保障相を務めた。2011年よりハンブルク市長を務めている。

経歴[編集]

オスナブリュック生まれ。祖父は鉄道職員、両親は繊維販売業で、先祖代々のハンブルク=アルトナ市民である。アビトゥーア合格後法学を学ぶ。1985年に弁護士免許を取得し開業。ハンブルク市議会議員を務める夫人との間には子がないが、児童保護活動に参加している。

1975年にドイツ社会民主党に入党し、青年団組織で活動し、1982年から1988年までその連邦副代表を務める。1987年から1989年まで国際社会主義青年同盟副総裁を兼任した。国家独占資本主義を支持する党派に所属した。

1994年から2000年まで、ハンブルク・アルトナ地区の党代表を務める。1998年、ドイツ連邦議会に初当選。2000年から2004年まで、ハンブルクのSPD代表。2001年5月、ハンブルク市内相ハルトムート・ヴロックラーゲの辞任に伴い、オルトヴィン・ルンデ市長に招聘され、連邦議会議員を辞して後任の内相に就任する。しかし同年の市議会選挙でSPDが敗れたため、同市長の退陣に伴い10月に離職した。2001年に党の連邦代表執行部に選出されている。

2002年の総選挙で連邦議会議員に返り咲く。2002年10月から党事務局長を務める。2004年3月のゲアハルト・シュレーダー首相のSPD党首辞任とともに執行部委員を退いた。ショルツは党内ではシュレーダーと親密な関係にある構造改革派とみなされていたが、2007年の入閣後はこの評価は変わっている。2005年10月、連邦議会党議員団代表代行に選出された。

2007年11月、フランツ・ミュンテフェーリング労働相(副首相兼任)の辞任に伴い、その後任の労働・社会保障相としてアンゲラ・メルケル首相の大連立内閣に入閣した。2009年ドイツ連邦議会選挙の結果連立組み替えが起きたため、大臣職を離れた。同年11月よりSPDハンブルク地区代表に就任し、またSPD連邦議会議員団副団長として執行部入りした。2011年2月20日に行われたハンブルク市議会議員選挙でSPDは、48.3%の得票数で、121議席中62議席を得て勝利し、ショルツはハンブルク市長に就任した。

外部リンク[編集]

先代:
フランツ・ミュンテフェーリング
ドイツ連邦共和国労働・社会問題相
2007年 - 2009年
次代:
フランツ・ヨーゼフ・ユング