ロベルト・フィツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スロバキアの旗 スロバキアの政治家
ロベルト・フィツォ
Robert Fico
Robert Fico official gov portrait.jpeg
ロベルト・フィツォ
生年月日 1964年9月15日(50歳)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアトポリュチャニ市
出身校 コメニウス大学
所属政党 スロバキア共産党 (KSS, 1987-1990)
民主左翼党 (SDĽ, 1990-1999)
方向 (SMER, 1999-2005)
方向・社会民主主義(SMER-SD,2005-)
配偶者 スヴェトラナ・フィツォヴァー

スロバキアの旗 第5代首相
任期 2006年7月4日 - 2010年7月8日

スロバキアの旗 第7代首相
任期 2012年4月4日 - 現職
テンプレートを表示

ロベルト・フィツォ(Robert Fico, 1964年9月15日-)は、スロバキア法律家政治家。現在、2期目の同国首相(2006年7月4日-2010年7月8日2012年4月4日-現職)。中道左派政党「スメル(方向)・社会民主主義」(SMER-SD)の党首。

略歴[編集]

フォークリフト作業員の父と靴販売員の母の次男として西部スロバキア県(現・ニトラ県トポリュチャニ市で生まれる。1986年ブラチスラヴァ・コメニウス大学法学部を卒業。1987年スロバキア共産党に入党し刑法学研究員としてスロバキア科学アカデミー国家法律研究所(Ústav štátu a práva SAV)に就職した。のち法務省法律研究所(Právnického inštitútu MS SR)副所長を務め、1995年に退職した。また政府任用で1994年から2000年まで欧州人権裁判所の法律顧問を務めた。

政歴[編集]

1989年ビロード革命で社会主義政権が崩壊した後、スロバキア共産党主流派が結成した民主左翼党(SDĽ : Strana demokratickej ľavice)に参加し、副党首に就任。1992年の国民議会選挙で初当選した。民主左翼党は1998年選挙で連立与党として第一次ミクラーシュ・ズリンダ政権に加わったが、自らの処遇への不満と、ベネシュ布告の廃止を求める少数民族政党ハンガリー人連立党(SMK : Strana maďarskej koalície)が同じ連立与党として政権に加わったことへの反発から1999年に離党して下野。新党のスメル(Smer、方向)を結成して党首に就任した[1]

その後2002年選挙で左派政党が惨敗したことを受けて社会民主主義路線を強め、2004年12月に民主左翼党や社会民主オルタナティブ(SDA : Sociálnodemokratická alternatíva)など中道左派系の諸政党を糾合する形で方向・社会民主主義(SMER-SD : SMER-sociálna demokracia)を結成。フィツォはポピュリスト政党である民主スロバキア運動(HZDS : Hnutie za demokratické Slovensko)のウラジミール・メチアルや民主運動(HZD : Hnutie za demokraciu)のイヴァン・ガシュパロヴィチナショナリズム政党のスロバキア国民党(SNS : Slovenská národná strana)のヤーン・スロタら野党各党の既存政治家を上回る支持を集める有力政治家となった。

首相時代[編集]

2006年国民議会選挙でSMER-SDは29.1%の得票率を得て50議席を獲得して第一党になり、SNSおよび人民党・民主スロバキア運動(ĽS-HZDS)と連立政権を組んで首相に就任した。外国からの投資を呼び込み経済成長を実現した前政権の経済自由化政策を受け継ぎつつも、左派政権として賃金引き上げや年金制度の改革などを実施して軌道修正した。

一方、与党第二党のSNS党首スロタの意向を汲んだ民族主義的政策も展開した。2009年6月には文書、看板、記念碑などに記載される公の情報をスロバキア語で記述しない場合に罰則を課すなど、公の場における少数民族言語の使用制限を盛り込んだ改正国家言語法(スロバキア共和国国民議会2009年法律第318号)を成立させた。

さらに2010年3月にはスロタが提出した教育機関の一週間の始業前および公共イベント開始前における国家斉唱や教室での国旗掲示などを義務づける愛国心促進法案を可決させ、SMKのみならずスロバキア民主キリスト教連合・民主党(SDKÚ-DS : Slovenská demokratická a kresťanská únia - Demokratická strana)など野党の中道右派各党が厳しく批判した。このため同年4月、ガシュパロヴィチ大統領は愛国心促進法案に署名せず、再審議が必要だとして国民議会に差し戻した。

連立与党の敗退[編集]

世界金融危機の影響で2009年の経済成長率がマイナスに転じ、失業率が15%にまで上昇する中、2010年国民議会選挙ではSMER-SDが得票率34.79%で前回を上回る62議席を獲得して引き続き第一党の座を確保した反面、連立相手のĽS-HZDSは議席をすべて失い、SNSも改選前の20議席を大きく下回る9議席にとどまって共に惨敗。与党が過半数を維持できなくなった。フィツォは選挙後、第二党のSDKÚ-DSイヴェタ・ラジチョヴァー副党首(選挙対策本部長)ら4つの中道右派政党に対して連立協議を試みたもののすべて拒否され[2]、中道右派連立のラジチョヴァーに政権を明け渡したが、新たに国民議会の副議長に就任した[3]

2度目の首相登板[編集]

2012年3月10日に繰り上げ実施された国民議会選挙でスメルは83議席と過半数を制し、4月4日に再び首相に就任した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「主要政党の概要」『ポスト社会主義諸国 政党・選挙ハンドブックI』pp36, 京都大学地域研究統合情報センター, 2009年3月
  2. ^ "Pravicová štvorka povedala Ficovi nie"(4つの右翼政党はフィツォを拒否すると言った) PRAVDA紙電子版、2010年6月13日付
  3. ^ "Fico zostane v politike, pokiaľ o neho bude záujem"(フィツォは関心を持ち続ける限り政界に残り続けるだろう) PRAVDA紙電子版、2010年7月9日付
  4. ^ “スロバキア総選挙で中道左派が単独過半数確保”. 読売新聞. (2012年3月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120311-OYT1T00550.htm 2012年3月11日閲覧。 
公職
先代:
ミクラーシュ・ズリンダ
イヴェタ・ラジチョヴァー
スロバキアの旗 スロバキア共和国首相
第5代:2006 - 2010
第7代:2012 -
次代:
イヴェタ・ラジチョヴァー
(現職)