エミー・ネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマーリエ・エミー・ネーター
Amalie Emmy Noether
アマーリエ・エミー・ネーター
人物情報
生誕 1882年3月23日
ドイツの旗 ドイツ帝国 バイエルン州エアランゲン
死没 1935年4月14日(満53歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ブリンマー
市民権 ドイツの旗 ドイツ
出身校 フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク
学問
研究分野 数学物理学
研究機関 ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン
ブリンマー大学
博士課程
指導教員
パウル・ゴータン
博士課程
指導学生
マックス・デューリング
ヨハネス・フィッティング
グレート・ヘルマン
曾炯之
ヤコブ・レヴィツキ
ハンス・ライヘンバッハ
エルンスト・ヴィット
主な業績 抽象代数学
理論物理学
テンプレートを表示

アマーリエ・エミー・ネーターAmalie Emmy Noether, 1882年3月23日 - 1935年4月14日)は、20世紀初めに活躍したドイツ出身の女性数学者レオン・レーダーマンによれば「歴史上最も偉大な数学者の一人」[1]であり、アルバート・アインシュタインによれば「(物理学に)最も価値ある貢献をした数学者」[2]である。

環論において重要な概念であるネーター環を提唱した。対称性があるところには それに対応する保存則が存在するというネーターの定理は物理学の分野の基本定理である。

経歴[編集]

著名な数学教授のマックス・ネーター英語版の娘としてドイツ帝国エアランゲンで生まれた。弟のフリッツ・ネーターも後に数学者となる。

ネーターの当初の希望は英語とフランス語の教師になることだった。しかし、ある日ネーターは数学者へ進路を変えた。当初は聴講を認められたゲッティンゲン大学の講義を受けていたが、健康を害してエアランゲンに戻った。前後してバイエルンでは1903年に女性の大学入学が許されるようになり、これによってネーターはエアランゲン大学に入学し、パウル・ゴーダン英語版のもとで1907年学位を所得。1909年にはドイツ数学会への入会を認められた。

1909年にダフィット・ヒルベルトに招かれて再びゲッティンゲン大学に移り、ヒルベルトほか、ヘルマン・ミンコフスキーフェリックス・クラインに学ぶ。1915年、ヒルベルトはネーターを大学教授にすべく活動したが、当時は女性差別の時代であり困難を極めた。難色を示す教授陣にヒルベルトは業を煮やし、「これは大学の問題であって銭湯の問題ではない」と激怒した[3]。ヒルベルトの活動が実り、ネーターは1919年にゲッティンゲン大学で助教授になった。

ネーターはこの間ゲッティンゲン大学において「ネーターの定理」の完成、「環論」の構築など優れた業績を挙げた。ネーターの定理は「作用が、ある連続変換に対して不変ならば(対称性があるならば)、これに付随した保存量が存在する」という内容で、後の場の量子論で重要な定理となる。

1928年にモスクワ大学客員教授、1930年にフランクフルト大学客員教授に就任。しかし、1933年にナチ党が政権を掌握するとユダヤ系のネーターは大学教授の職を解雇された。その後、アメリカペンシルベニア州ブリンマー大学英語版に招かれ客員教授になった。

1935年、卵巣癌によりブリンマー英語版にて死去。満53歳没。遺灰はブリンマー大学の図書館を囲む通路の下に埋葬された。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レオン・レーダーマン、クリストファー・ヒル共著、小林茂樹訳『対称性』第3章、白揚社 ISBN978-4-8269-0133-4
  2. ^ 1935年5月4日『ニューヨーク・タイムズ』紙に寄稿した弔文。Obituary for Emmy Noether
  3. ^ 岡部恒治・藤岡文世 (1996) 『マンガ幾何入門』講談社ブルーバックス pp.281