エトムント・ランダウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エトムント・ランダウ
Edmund Landau
エトムント・ランダウ
人物情報
生誕 1877年2月14日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ベルリン
死没 1938年2月19日(61歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ帝国
出身校 ベルリン大学
学問
研究分野 数論
複素解析
研究機関 ベルリン大学
ゲッティンゲン大学
エルサレム・ヘブライ大学
博士課程
指導教員
フェルディナント・ゲオルク・フロベニウス
ラザラス・フックス
博士課程
指導学生
パウル・ベルナイス
ハラルト・ボーア
ハンス・ハイルブロン
ダンハム・ジャクソン
アレクサンダー・オストロフスキー
カール・ジーゲル
アーノルド・ウォルフィッツ
主な業績 素数定理
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エトムント・ゲオルク・ヘルマン・ランダウ(Edmund Georg Hermann Landau, 1877年2月14日 - 1938年2月19日)は、ドイツ数学者。主な業績は、解析的整数論におけるもの。ランダウの記号を広めた。

ベルリンの裕福なユダヤ系の家庭に生まれ、ベルリン大学で数学を学ぶ。1901年にベルリン大学で教授資格を得、1908年までここで講師として教えた。1905年にはパウル・エールリヒの娘マリアンネと結婚。

1909年ヘルマン・ミンコフスキーの後任として、ゲッティンゲン大学に招聘される。ダフィット・ヒルベルトフェリックス・クラインといった著名な同僚たちと対等な立場で教鞭をとったが、1933年になり、ユダヤ系の出自のためにナチス寄りの学生たちから講義をボイコットされ、1934年には引退を強要されるまでに至った。死の直前まで、散発的ではあるが、ブリュッセルケンブリッジで教鞭をとっていた。ベルリンにて没。

教科書を数多く執筆。多くは英訳されている。