パウル・エールリヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1908年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫の研究

パウル・エールリヒ(Paul Ehrlich, 1854年3月14日 - 1915年8月20日)はドイツ細菌学者・生化学者。

化学療法 (chemotherapy)」という用語と「特効薬 (magic bullet)」という概念をはじめて用いた。

経歴[編集]

プロイセン王国ニーダーシュレジエンのシュトレーレン(現在のポーランドドルヌィ・シロンスク県ストシェリン英語版)でユダヤ系ドイツ人の家庭に誕生する。ライプツィヒ大学の医学生であったころから微細な組織への染色に興味をもち、学術論文 "Beiträge zur Theorie und Praxis der histologischen Färbung" のなかでその一端をあらわす。1878年から83年にかけてベルリン大学でフレリヒスについて内科学を専攻し、1885年にK.ゲルハルトの助手をへて、1889年に同大学講師、1891年に伝染病学助教授となる。1890年にそれまでの臨床教育と大学教員資格論文 "Das Sauerstoffbedürfnis des Organismus" (1887年)が認められ、ロベルト・コッホの研究室に招かれた。ベルリン郊外シュテーグリツに私立血清研究所を設立し、1896年に公立となった同研究所の所長となる。結核の療養のため2年間をエジプトで過ごした後、友人のエミール・アドルフ・フォン・ベーリングとともにジフテリアの研究を行い、「側鎖説」へのヒントを得る。1899年から1915年にかけてフランクフルトの実験治療研究所所長、1904年ゲッティンゲン大学名誉教授、1906年にゲオルク・シュパイアー化学療法研究所長などを歴任する。1908年イリヤ・メチニコフと共にノーベル生理・医学賞を受けた。

1940年には彼の自伝的映画「エールリヒ博士の特効薬(Dr. Ehrlich's Magic Bullet)」がアメリカで公開された。当時はナチス政権下であったため、ドイツには知られないように上映された。

業績[編集]

彼は血液学免疫学・化学療法の基礎を築いた独創的な研究者であり、細菌学医化学方面に数多くの新技法を考案した。150余篇の論文は多方面にわたる。

はじめは血液染色に着目し、アニリン色素による生体染色へと研究を発展させ「血液脳関門」の存在に最初に気づく。ついで免疫学の研究に移り、植物性蛋白毒素リチン・アブリン・ロピンの実験をはじめ、抗原抗体の特異性とその量的関係を明かにし、有名な側鎖説をたてた。この理論は血清の効果と抗原の量の可能な測定を説明するものである。

のちトリパノソーマに対するトリパンロートの発見(1904年)や種々な化学療法剤の研究があり、1906年に眠り病への特効薬となるアトキシルの構造式を発見した。1910年には彼の研究所で日本の医学者・秦佐八郎が実験を担当していた梅毒治療剤サルバルサン(606号)の発見を導いた。この発見は後のサルファ剤ペニシリンなどの抗生物質の発見をうながしたという点で功績が大きい。なお赤痢菌の発見者・志賀潔はエールリヒと同門である。

主著[編集]

  • Die Wertbemessung des Diphtherieheilserum and deren theoretischen Grundlagen (1897年、A. Lazarus と共著)
  • Gesaramelte Arbeiten zur Immunitätsforschung (1904年)
  • Über die Beziehungen zwischen Toxin und Antitoxin und die Wege zn ihrer Erforschung (1905年)
  • Die experimentelle Chemotherapie der Spirillosen (1910年)
  • Abhandlungen über Salvarsan (4巻 1911-14年)

参考文献[編集]

  • Marquardt, Martha (1924). "Paul Ehrlich als Mensch und Arbeiter".
  • 志賀潔 『エールリッヒ伝』 冨山房、1941年。