アルブレヒト・コッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1910年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:蛋白質、核酸に関する研究
アルブレヒト・コッセル

アルブレヒト・コッセル (: Ludwig Karl Martin Leonhard Albrecht Kossel, 1853年9月16日 - 1927年7月5日)はドイツの医学博士。

ドイツのロストクプロシアの領事アルブレヒト・コッセルと妻クララの間に生まれた。ストラスブール大学の医学部に学びアントン・ド・バリー、ワルデイヤー、クント、アドルフ・フォン・バイヤーフェリクス・ホッペ=ザイラーの授業を受けている。1878年にロストック大学を卒業。ロストック大学医学部助教授、1895年からマールブルク大学生理学科教授兼生理学研究所長、1901年からハイデルベルク大学教授を歴任した。

1910年、細胞生物学とくに蛋白質核酸に関する研究に対しノーベル生理学・医学賞が与えられた。

業績[編集]

  • 核酸と分解産物に関する研究 (1881年)
  • 人体の組織とその顕微鏡的観察 (1889-1891年)
  • 医学・化学課程の教科書 (1888年)
  • 生化学の問題 (1908年)
  • 化学と生理学の関係 (1913年)