ジョン・ジェームズ・リチャード・マクラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1923年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:インシュリンの発見

ジョン・ジェームズ・リチャード・マクラウド(John James Richard Macleod、1876年9月6日 - 1935年3月16日)は、スコットランド生まれの医学者である。1923年フレデリック・バンティングとともに、インシュリンの発見によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

人物・経歴[編集]

1867年9月6日、スコットランドの小さな町の牧師の子として生まれた。アバディーン大学を卒業し、ライプツィヒ大学へ留学し、ロンドン・メディカル・スクールで研究し1903年アメリカのウェスタン・リザーブ大学の生理学教授、1918年からカナダのトロント大学に転任。10年後には母校アバディーン大学の教授となった。1920年にトロント大学の卒業生で、ウェスタン・オンタリオ大学の時間講師をしていたバンティングから、糖尿病を防ぐホルモンの抽出する実験をしたいという申しいれを受けた。マクラウドは結果に対しては懐疑的であったが、1921年にマクラウドが休暇でスコットランドに帰っている8週間の間、研究室と実験用の10匹の犬の使用と、学生チャールズ・ベストを助手として使用することを認めた。この間にバンティングらは血糖を下げる有効物の抽出に成功した。休暇から戻ったマクラウドは彼らの成果を見て、研究室の総力をあげてとりかかることとし、生化学に詳しいバートラム・コリップをチームに加えた。大量にインシュリンを抽出する方法を開発し、翌年には糖尿病で瀕死の少年にインシュリンを投与し、命を救い、インシュリンの発見から2年という異例の速さでマクラウドとバンティングはノーベル賞を受賞した。しかし、インシュリンの発見はバンティングによるものであり、バンティングはマクラウドとの共同受賞に激怒したといわれる。バンティングはベストと賞金を分け合い、マクラウドもインシュリンの精製に功績のあったコリップに賞金の半分を与えた。 このエピソードは「トリビアの泉」でも取り上げられ「部屋を貸しただけでノーベル賞を受賞した人がいる」と紹介された。

関連書籍[編集]

  • 『ノーベル賞の光と陰』科学朝日編、朝日選書
  • 『新インスリン物語』 丸山工作編、(株)東京化学同人