志賀潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
志賀 潔
1924年
生誕 1871年2月7日
現在の仙台市
死没 1957年1月25日(満85歳没)
職業 医学研究者
所属 伝染病研究所(東京)、伝染治療研究所(ドイツ)、北里研究所慶應義塾大学など
専門 細菌学
研究 生化学免疫学
著名な要素 赤痢菌の発見
教育 帝国大学医科大学卒業
受賞 文化勲章正三位勲一等

志賀 潔(しが きよし、1871年2月7日明治3年12月18日) - 1957年昭和32年)1月25日)は、日本の医学者細菌学者である。

赤痢菌の発見者として知られ、朝鮮総督府医院長、京城医学専門学校校長、京城帝国大学総長などを歴任した。

人物[編集]

赤痢菌の発見とともに化学療法を研究し、明治時代の日本の近代化のなかで世界に通用する科学研究の成果を成し遂げた先駆者と評される。赤痢菌の学名(属名)は志賀に因む Shigella であるが、これは主要な病原細菌の学名に日本人の名前が冠されている殆ど唯一の例となった[1]。私生活では清貧を貫き、数々の名誉を得ながらも晩年は質素な暮らしに徹した[2]

生い立ち[編集]

1871年(明治3年)、仙台藩陸前国宮城郡仙台(現在の仙台市)に、仙台藩士の子として生まれた。姓は佐藤、幼名は直吉であったが、1878年(明治11年)、 母親の実家である志賀家の養子となり、名も潔と改めた。志賀家は、仙台藩の藩医をつとめる家柄であった。

学歴は、育才小学校(現在の仙台市立片平丁小学校)、 第一高等中学校を経て、1892年(明治25年)に帝国大学医科大学(後の東京帝国大学医学部)に入学した。

医学研究[編集]

朝鮮勤務[編集]

1920年(大正9年)、慶應義塾大学医学部教授に就任したが、同年秋には朝鮮総督府医院長・京城医学専門学校長に転じた。1926年(大正15年)、新たに創立された京城帝国大学(現在のソウル大学)の医学部長に就任、さらに1929年(昭和4年)には同大学総長となった。

大学総長就任後の1930年、開学記念講演の「らいの歴史とらい病の研究」が、らい学会、医学部の一部の教授たちから非難されたことが、任期を満たさずに辞任したことのきっかけとなった[3]。この講演で、志賀は「らい患者には去勢を施せ、而して夫婦生活を許せ」「らい者救済の第一は去勢であって、らいの撲滅には最効果あり」という「平素の持論」を力説した[4]。藤野豊は去勢と断種の取り違えが原因だろうとしている[5]

晩年[編集]

1953年

1931年(昭和6年)、内地に戻り、北里研究所顧問となった。

1945年(昭和20年)の東京大空襲で被災、家財を失い、仙台に疎開した。終戦後の1949年(昭和24年)からは、宮城県山元町の別荘に居住した。1957年(昭和32年)、老衰により死亡し、仙台市による市葬が行われた。志賀の墓所は、同市青葉区北山の輪王寺にある。

会員資格、受賞など[編集]

志賀潔 胸像(仙台市の勾当台公園

1948年(昭和23年)より、日本学士院会員。また、イギリス王立熱帯病学会名誉会員、パスツール研究所賛助会員、ドイツ学士院自然科学会特別会員であり、ハーバード大学からは名誉博士号を授与されている。

1936年(昭和11年)には錦鶏間祗候に任ぜられ、のちには正三位勲一等瑞宝章を受章した。1944年(昭和19年)には文化勲章を授与されるとともに仙台市名誉市民となった。

著書[編集]

  • 『或る細菌学者の回想』雪華社(1966)

脚注[編集]

  1. ^ 竹田美文 『感染症半世紀』 (2008年、株式会社アイカム)
  2. ^ 家の障子を新聞紙で張り、壊れたつるを紙で修繕した眼鏡を掛けた肖像が土門拳の写真集『風貌』に残されている
  3. ^ 石田純郎『志賀潔と京城帝国大学 - 朝鮮で医学教育に尽くした人々(下)』 日本医事新報4385号、2008年5月10日 p.85 - 88
  4. ^ 『朝鮮社会事業』9巻3月号より「らいの歴史」、1931年3月
  5. ^ 藤野豊『いのちの近代史』 かもがわ出版、2001年

関連項目[編集]