秦佐八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秦 佐八郎(はた さはちろう、1873年3月23日 - 1938年11月22日)は島根県美濃郡都茂村(現益田市)出身の細菌学者学位医学博士。当時難病であった梅毒の特効薬サルヴァルサン(砒素化合物製剤606号)をドイツのパウル・エールリヒ1908年ノーベル生理学・医学賞受賞)と共に開発し、多くの患者を救ったことで知られる。

生前、1913年ノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[1]

研究するエールリヒ(左)と秦(右)

ドイツ留学、特効薬開発への経歴[編集]

島根県美濃郡都茂村(現益田市)に豪農・山根道恭とヒデの十四人兄弟の八男として生まれる。14歳の時に姻戚である秦家より養子に迎えられた。代々医師の家系であった秦家には当時一人娘しかいなかった為に、兄弟の中で成績が優秀であった佐八郎に白羽の矢がたったのである。その際、秦家より「岡山で勉強が出来る」と言われたのも少年であった佐八郎が養子に行く決心をした理由の一つであろう。

養子になった佐八郎は1891年私立岡山薬学校(現:関西高等学校)を卒業後、第三高等中学校医学部(現:岡山大学医学部)に入学する。高等中学校では大変優秀であり、他の学生や教師からも一目置かれる存在であった。

1895年(明治28年)、医学部卒業、8月、22歳で秦徳太の長女チヨと結婚した。同年、一年志願兵として東京近衛一連隊入隊。

1年間の兵役を終えた後、1897年(明治30年)岡山県病院助手になり、その後1898年伝染病研究所に入所した。岡山県病院では井上善次郎から内科学、荒木寅三郎からは医化学を学んだ記録が残っている。その頃佐八郎は東京で医学の勉強をするべく上京を考えていた。そして1898年(明治31年)8月に荒木寅三郎の推薦により、単身上京して大日本私立衛生会経営の伝染病研究所に入所、そこで北里柴三郎に学ぶこととなった。翌年、研究所は官立となり、同 研究所の助手、臨時ペスト予防液製造事務取扱、および臨時検疫事務官を兼務する。

この時から秦のペスト研究が始まり、ヨーロッパ留学に旅立つ1907年(明治40年)まで続いた。8年間にわたる研究の中、防疫の実務(1899年11月、日本最初のペストが発生)に携わると共に、ペストに関する十数篇の論文を著わし、柴山五郎作と共に「ペスト予防法」を策定している。後に、エールリッヒが難題の梅毒化学療法の共同研究者として秦を選んだのも、秦が長年に渡って危険極まりないペストの研究と防疫に当たってきた実績を買ったからだった。エールリッヒは「注意深き精緻正確なる君の輝かしい実験なくしては、この好結果を挙げ得なかったであろう。君の協力に対して私は深く感謝するものである」と深甚の謝意を表している。

秦は1903年(明治36年)には国立血清薬院部長を兼任しつつ、同研究所には10年間在籍していた。その間、1904年4月日露戦争軍医として従軍し、南満州各地の野戦病院で伝染病患者の治療に当たる。1905年似島検疫所設置のため召還され、検疫にあたる。大阪の陸軍予備病院で伝染病室及び細菌検査室に勤務。同年10月除隊。11月に伝染病研究所技師に戻る。この間の働きが認められて1907年からドイツに留学することとなる。

1907年(明治40年)国立伝染病研究所第三部長となる。

ドイツ留学、ベルリンロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch)細菌研究所でワッセルマンの下、免疫の研究をして1年を過ごした。その後、モアビット(Moabit)市立病院に移ってヤコビー博士の下で数ヶ月間研究する。ヤコビー博士もエールリッヒの弟子だったので、彼を通じてエールリッヒが所長を務めるフランクフルトの国立実験治療研究所へ移れるように頼んでもらった。ヤコビー博士の二度の手紙では芳しい結果が得られなかったため、秦は自ら手紙を書き、ベルリンを出発。10日間ほど南ドイツの大学を回った後、荷物を駅に預けたままでフランクフルトの研究所へ直行した。エールリッヒのもとに案内されると、彼は次のように語ったという。

「あなたの研究室もあなたを助けてくれる助手もすで用意してある。今日から研究に取りかかるのだ」

1909年6月、科学者ベルトハイムが合成した砒素製剤606号と名付けられた試料(ヒ素化合物ジオキン・ジアミド・アルゼノベンゾール)の効果と急性毒性を、秦は動物実験し、その卓れた効果が確認された。エールリッヒは6月10日にこの薬の製造特許を申請し、同日発行された。1910年4月、第27回ドイツ内科学会で、エールリッヒは新しい砒素化合物製剤606号の梅毒に対する化学療法の総論を、秦は動物実験を、シライバーおよびホッペは梅毒患者への臨床治験の成績を共同して発表した。1910年にエールリッヒ、秦共著のドイツ語書『スピロヘーターの実験化学療法』がベルリンで刊行された。

1910年にドイツの製薬会社へキスト(Höchst)は、この薬をサルバルサンラテン語でSalvareは「救う」の意味)と名づけ、製造販売した。同年5月27日、秦はロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch)の臨終に立会い、その後日本に帰国した。当初、日本はこの薬をドイツから輸入していた。

日本帰国後の足取り[編集]

1938年(昭和13年)7月、脳軟化症のため慶應義塾大学付属病院入院、同病院で11月22日死去。医学に全てを捧げた65年の人生に幕を閉じた。青山斎場にて北里研究所葬。多磨霊園に御墓がある。

現在、秦佐八郎博士の業績を称え後世に永くその名を伝える事を目的として、社団法人日本化学療法学会では「志賀 潔・秦 佐八郎記念賞」を設けている。

こぼれ話[編集]

  • 少年時代は悪戯好きの少年であり、すぐ上の兄で2歳年上の藤七とよく遊んだが、乱暴狼藉が過ぎると、空いている大きな酒づくりの樽に放り込まれた。食事時になっても2人は容易に樽の中から引き上げてもらえなかったという。母ヒデから「さあさん、ちょっと来てやんさい」と土蔵に呼ばれ、諭された逸話は地元では有名。
  • 慶應義塾大学医学部教授時代の医学部では学生をグループ分けして教授に受持たせ、一学期に一、二回親しく会合して、学生を善導しようという「補導会」が設けられていた。その折、秦は学生を自宅に招いて、手塩にかけて育てた大菊、小菊の観菊会を催して言った。「菊を仕立てるには保護をしたり、春先、芽が伸びる頃にはいじめてやらねばならない。諸君は今、養分のたくさん要る時だ。御馳走はないけれども、みな平らげてくれ給え。それで補導会終わり」と。

参考文献[編集]

  • 「難病に取り組み医学を発展させた人たち」著:竹内均 発行:ニュートンプレス
  • 「医学史ものがたり2 医人の探索」著:井上清恒 発行:内田老鶴圃)
  • 「増補北里柴三郎とその一門」著:長木大三 発行:慶應義塾大学出版会)
  • 「秦佐八郎傳」著:秦八千代 発行:北里研究所)

外部リンク[編集]