ヘルムート・ハッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルムート・ハッセ
人物情報
生誕 1898年8月25日
死没 1979年12月26日(満81歳没)
学問
研究分野 数学
博士課程
指導学生
Oswald Teichmüller, Paul Lorenzen
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヘルムート・ハッセ: Helmut Hasse、1898年8月25日 - 1979年12月26日)はドイツ数学者であり、代数的整数論を主に研究し、類体論の基礎、局所類体論ディオファントス幾何学ハッセの原理)や合同ゼータ関数へのP進数の適用で知られている。

生涯[編集]

カッセルで生まれ、アーレンスブルクで死去。

第一次世界大戦では海軍で働き、その後ゲッティンゲン大学で学び、さらにマールブルク大学ではクルト・ヘンゼルに師事。1921年の学位論文では、代数体二次形式について今ではハッセ-ミンコフスキの定理と呼ばれている成果を含んでいた。その後、キール大学ハレ大学、マールブルク大学で教壇に立った。1934年にはゲッティンゲン大学でヘルマン・ワイルの後任となった。政治的には右翼の民族主義者であり、1937年にはナチ党の党員に誘われたが、先祖にユダヤ人がいるということで彼のほうから断った。戦後の1945年ごろゲッティンゲンに戻ったが、イギリス当局によって退去させられた。しばらくベルリンで働いた後、1948年からハンブルク大学の教授となり、定年まで過ごした。

多くの数学者と共同研究したことでも知られている。特にエミー・ネーターRichard Brauer との単純環の研究、Harold Davenport とのガウス和の研究、Cahit Arf との共同研究などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]