エルハルト・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルハルト・シュミット
エルハルト・シュミット
人物情報
生誕 1876年1月13日
Livonian colours.svg リヴォニア(現エストニアの旗 エストニアタルトゥ
死没 1959年12月6日(83歳)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
出身校 ゲッティンゲン大学
学問
研究分野 数学
博士課程
指導教員
ダフィット・ヒルベルト
博士課程
指導学生
ザロモン・ボヒナー英語版
アルフレート・ブラウアー英語版
リヒャルト・ブラウアー英語版
ローター・コラッツ
アレクサンダー・ディンクハス英語版
ミヒャエル・ゴロンプ英語版
グイド・ホハイゼル英語版
エーベルハルト・ホプフ英語版
ハインツ・ホプフ英語版
マルティン・クネーザー
ヴィルヘルム・シュペヒト英語版
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エルハルト・シュミット(Erhard Schmidt, 1876年1月13日 - 1959年12月6日)は、20世紀の数学の方向性に多大な影響を与えたドイツ数学者

リヴォニア(現在のエストニア)のタルトゥに生まれた。指導教員のダフィット・ヒルベルトの下で、1905年にゲッティンゲン大学において博士号を取得した。博士論文の題目は、Entwickelung willkürlicher Funktionen nach Systemen vorgeschriebener であり、積分方程式に関する研究を行った。

ヒルベルトと共に、関数解析学の分野において多大な貢献を遺した。

第二次世界大戦の間、ベルリン大学の要職にあり、立場上ユダヤ人に対するナチスの様々な決議を執行しなければならなかった。ユダヤ人の問題 (Jewish question) を理解していないと非難されていたシュミットにとって、その職務は明らかに手に余るものであった。1951年のシュミットの75歳の誕生祝いの際には、ナチの時代を生き抜いた優れたユダヤ人の数学者であるハンス・フロイデンタール英語版が、シュミットがナチス時代に直面した困難について、シュミット個人への批判を交えることなく語った。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Diestel, Joseph; Jarchow, Hans; Tonge, Andrew (1995). Absolutely summing operators. Cambridge University Press. pp. 90–91. ISBN 0-521-43168-9. 

外部リンク[編集]