UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 > UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝
UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2016-17
開催日 2017年6月3日
会場 ナショナルスタジアム・オブ・ウェールズ(カーディフ)
UEFA選出最優秀選手 ポルトガルの旗 クリスティアーノ・ロナウド[1]
主審 ドイツの旗 フェリックス・ブリッヒ[2]
観客数 65,842人[3]
天気 曇り
気温:16℃
湿度:56%[4]
2016
2018
決勝戦が行われたミレニアム・スタジアム

UEFAチャンピオンズリーグ2016-17 決勝 (-けっしょう、英語: UEFA Champions League 2016-17 Final)は、欧州サッカー連盟 (UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17の決勝戦であり、25回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である (UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると62回目)。試合は2017年6月3日土曜日にカーディフナショナルスタジアム・オブ・ウェールズで開催され、セリエA (サッカー)に所属するユヴェントスリーガ・エスパニョーラに所属するレアル・マドリードの間で行われた。

レアル・マドリードが2年連続12回目の優勝を果たし、UEFAヨーロッパリーグ 2016-17王者と対戦する2017 UEFAスーパーカップの出場権の他、UEFAサッカー連盟を代表して、2017年12月にアラブ首長国連邦 (UAE)で開催される2017 FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得した。

試合前[編集]

ユヴェントスにとって、UEFAチャンピオンズカップ時代を含め9回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である。前身のUEFAチャンピオンズカップ時代の1985年1996年に優勝を経験している。

一方、前回覇者のレアル・マドリードは2大会連続通算15回目の決勝進出である。前身のUEFAチャンピオンズカップ時代を含めると史上最多の11回 (1956年1960年1966年1998年2000年2002年2014年2016年)の優勝を経験しており、今大会で優勝を果たすと、最多記録の更新と同時にチャンピオンズリーグになってからの史上初の連覇を果たすことになる。

UEFAのコンペティションでの両チームの対戦は、18回あり、両チームが8勝2分と全くの互角となっている。なお、チャンピオンズリーグの決勝では先述した1998年に対戦しており、レアル・マドリードが1 - 0で勝利を収めている[5]

試合会場[編集]

2015年6月29日にチェコプラハで開催されたUEFA理事会で、ミレニアム・スタジアムが決勝戦の会場に決定された[6]。ミレニアム・スタジアムでの決勝戦の開催は初めての開催となる。

このスタジアムは、1999年にラグビーウェールズ代表サッカーウェールズ代表のホームスタジアムとして開設され、ウェンブリー・スタジアムが改装中の2001年から2006年にかけての6年間は、FAカップ決勝の舞台にもなった。UEFA主催大会では7万4500人が収容可能であり、完全開閉式の屋根を持つ。

アンバサダー[編集]

リヴァプール1984年にチャンピオンズリーグ優勝を達成し、サッカーウェールズ代表通算73キャップを刻んだイアン・ラッシュが決勝戦の公式アンバサダーに任命された[7]

チケット販売[編集]

全66,000枚のチケットのうち、41,500枚がファン・一般に対して販売される。決勝に進んだ2チームのファンにそれぞれ18,000枚ずつ割り当てられ、残りの5,500枚が一般の観客を対象に販売される。この一般チケットが2017年3月17日から3月28日まで販売された。チケットの販売価格は以下のとおり。なお、残りのチケットは地元の組織委員会、UEFA、各国サッカー協会、スポンサー、放送業者等に割り当てられる[8]

カテゴリー 販売価格
カテゴリー1 390ユーロ
カテゴリー2 275ユーロ
カテゴリー3 140ユーロ
カテゴリー4 60ユーロ
ユースパッケージ (カテゴリー2) 120ユーロ
車椅子席 (カテゴリー4) 60ユーロ

決勝戦までの道のり[編集]

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

イタリアの旗 ユヴェントス ラウンド スペインの旗 レアル・マドリード
対戦相手 結果 グループリーグ 対戦相手 結果
スペインの旗 セビージャ 0 - 0 (H) 第1節 ポルトガルの旗 スポルディングCP 2 - 1 (H)
クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 4 - 0 (A) 第2節 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 2 - 2 (A)
フランスの旗 リヨン 1 - 0 (A) 第3節 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 5 - 1 (H)
フランスの旗 リヨン 1 - 1 (H) 第4節 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 3 - 3 (A)
スペインの旗 セビージャ 3 - 1 (A) 第5節 ポルトガルの旗 スポルディングCP 2 - 0 (A)
クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 2 - 0 (H) 第6節 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 2 - 2 (H)
グループH1位
チーム
イタリアの旗 ユヴェントス 6 4 2 0 11 2 +9 14
スペインの旗 セビージャ 6 3 2 1 7 3 +4 11
フランスの旗 リヨン 6 2 2 2 5 3 +2 8
クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 6 0 0 6 0 15 -15 0
最終結果 グループF2位
チーム
ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 6 4 2 0 21 9 +12 14
スペインの旗 レアル・マドリード 6 3 3 0 16 10 +6 12
ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 6 1 1 4 9 24 -15 4
ポルトガルの旗 スポルディングCP 6 1 0 5 5 8 -3 3
対戦相手 結果 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 結果 第1戦 第2戦
ポルトガルの旗 ポルト 3 - 0 2 - 0 (A) 1 - 0 (H) ラウンド16 イタリアの旗 ナポリ 6 - 2 3 - 1 (H) 3 - 1 (A)
スペインの旗 バルセロナ 3 - 0 3 - 0 (H) 0 - 0 (A) 準々決勝 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 6 - 3 2 - 1 (A) 4 - 2 (延長) (H)
フランスの旗 モナコ 4 - 1 2 - 0 (A) 2 - 1 (H) 準決勝 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 4 - 2 3 - 0 (H) 1 - 2 (A)

試合[編集]

概要[編集]

2017年6月3日
20:45 BST (UTC+1)
ユヴェントス イタリアの旗 1 - 4 スペインの旗 レアル・マドリード
マンジュキッチ 27分にゴール 27分 レポート ロナウド 20分にゴール 20分64分
カゼミーロ 61分にゴール 61分
アセンシオ 90分にゴール 90分
ナショナルスタジアム・オブ・ウェールズ, カーディフ
観客数: 65,842人[3]
主審: ドイツの旗 フェリックス・ブリッヒ[2]
ユヴェントス
レアル・マドリード
GK 1 イタリアの旗 ジャンルイジ・ブッフォン キャプテン
CB 3 イタリアの旗 ジョルジョ・キエッリーニ
CB 19 イタリアの旗 レオナルド・ボヌッチ
CB 15 イタリアの旗 アンドレア・バルツァッリ 66分に交代退場 66分
RM 23 ブラジルの旗 ダニエウ・アウヴェス
CM 6 ドイツの旗 サミ・ケディラ
CM 5 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ミラレム・ピャニッチ 66分に警告 66分 71分に交代退場 71分
LM 12 ブラジルの旗アレックス・サンドロ 70分に警告 70分
AM 21 アルゼンチンの旗 パウロ・ディバラ 12分に警告 12分 78分に交代退場 78分
CF 17 クロアチアの旗 マリオ・マンジュキッチ
CF 9 アルゼンチンの旗 ゴンサロ・イグアイン
サブメンバー
GK 25 ブラジルの旗 ネト
DF 4 モロッコの旗 メディ・ベナティア
DF 8 イタリアの旗 クラウディオ・マルキジオ 71分に交代出場 71分
DF 26 スイスの旗 ステファン・リヒトシュタイナー
MF 7 コロンビアの旗 フアン・クアドラード Yellow card 72分 Yellow-red card 84分 66分に交代出場 66分
MF 18 ガボンの旗 マリオ・レミナ 78分に交代出場 78分
MF 22 ガーナの旗 クワドォー・アサモア
監督
イタリアの旗 マッシミリアーノ・アッレグリ
Juventus vs Real Madrid 2017-06-03.svg
GK 1 コスタリカの旗 ケイロル・ナバス
RB 2 スペインの旗 ダニエル・カルバハル 42分に警告 42分
CB 4 スペインの旗 セルヒオ・ラモス キャプテン 31分に警告 31分
CB 5 フランスの旗 ラファエル・ヴァラン
LB 12 ブラジルの旗 マルセロ
DM 14 ブラジルの旗 カゼミーロ
CM 8 ドイツの旗 トニ・クロース 53分に警告 53分 89分に交代退場 89分
CM 19 クロアチアの旗 ルカ・モドリッチ
RF 22 スペインの旗 イスコ 82分に交代退場 82分
CF 9 フランスの旗 カリム・ベンゼマ 77分に交代退場 77分
LF 7 ポルトガルの旗 クリスティアーノ・ロナウド
控え
GK 13 スペインの旗 キコ・カシージャ
DF 6 スペインの旗 ナチョ
DF 23 ブラジルの旗 ダニーロ
MF 16 クロアチアの旗 マテオ・コヴァチッチ
MF 20 スペインの旗 マルコ・アセンシオ 90+1分に警告 90+1分 82分に交代出場 82分
FW 11 ウェールズの旗 ガレス・ベイル 77分に交代出場 77分
FW 21 スペインの旗 アルバロ・モラタ 89分に交代出場 89分
監督
フランスの旗 ジネディーヌ・ジダン


副審:
ドイツの旗 マルク・ボルシュ
ドイツの旗 シュテファン・ルップ
第4審判:
セルビアの旗 ミロラド・マジッチ
追加副審:
ドイツの旗 バスティアン・ダンケルト
ドイツの旗 マルコ・フリッツ
副審控え:
ドイツの旗 ラファエル・フォルティン

試合ルール[9]

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

試合展開[編集]

スターティングメンバー

レアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウドカリム・ベンゼマが2トップを組む4-3-1-2。トップ下にはイスコが配置され、地元ウェールズでの決勝に意気込んでいたガレス・ベイルはベンチスタートとなった。一方ユベントスは3バックを採用する3-4-1-2が公式発表。本家BBCが揃い踏みしなかったレアルに対し、ユベントスはレオナルド・ボヌッチアンドレア・バルザーリジョルジョ・キエッリーニの「イタリア版BBC」が揃い踏みするという形になった。

前半

公式発表では3-4-1-2だったユベントスだが、いざ試合が開始するとマリオ・マンジュキッチが左サイドハーフ、アレックス・サンドロが左サイドバック、バルザーリが右サイドバックに移動して4-4-2の形に。マンジュキッチの高さを生かして右から左へのサイド攻撃を展開し、序盤からレアルを押し込む時間が続いた。ところが20分、レアルがカウンター攻撃からダニエル・カルバハルの折り返しをロナウドが右足ダイレクトで合わせて先制に成功。1点ビハインドとなったユベントスはその後も押し込み続けると27分、左サイドへのフィードをサンドロが折り返し、ゴンザロ・イグアインからボールを受けたマンジュキッチが2人に寄せられながらトラップ&バイシクルシュート。これがゴール右隅に吸い込まれ同点に追い付いた。そこから両者一歩も譲らない熱戦を見せ、前半は1-1で終了した。

後半

立ち上がりからレアルは足の遅いユベントスDFバルザーリを狙い撃ちにし、左に速いボールを送って攻め始める。これが功を奏したのか一転してレアルペースに。ユベントスもカウンターで対抗しようとするが、繋ぎの場面で簡単なロストが目立ち次第にレアルの波状攻撃が続くようになる。一方的な展開ながら得点が動かぬまま過ぎていったがついに61分、トニ・クロースのシュートがクリアされたところに走り込んだカゼミーロが思い切ってミドルシュートを撃つと、ボールはサミ・ケディラの足に当たって軌道が変わりゴール左隅に吸い込まれた。幸運な形でレアルが勝ち越しに成功する。巻き返したいユベントスだが戦術上多大な運動量を要するためこの時点で既に消耗が激しく、全く盛り返せない。64分には右サイドでボールを奪われるとルカ・モドリッチに走り負けてクロスを許し、ニアに入り込んだロナウドにあっさり合わせられて再び失点。直後にフアン・クアドラードを投入して打開を図るも逆にベイル、マルコ・アセンシオを投入したレアルに選手層の差を見せつけられる形になり一方的な展開は変わらない。そのクアドラードが84分に2枚目の警告を受け出場わずか18分で退場となると、91分にはアセンシオにダメ押しの4点目を奪われるという散々な結果に。終わってみれば4-1、レアル・マドリードが圧勝してCL史上初、前任のチャンピオンズ・カップ体制も含めると1989,90年のACミラン以来27年ぶりとなる大会2連覇の偉業を達成した[10][11][12]

チーム別データ[編集]

試合後[編集]

レアル・マドリードが、ユヴェントスに勝利して2大会連続12回目の優勝 (ドゥオ・デシマ)を達成し、自身が持つ大会最多優勝回数を更新し、UEFAチャンピオンズリーグになってからの初の連覇を成し遂げたチームとなった[14]。チャンピオンズリーグ改称後では6回目の優勝となり、単独首位を走っている。またクリスティアーノ・ロナウドクラレンス・セードルフアンドレス・イニエスタと並び、UEFAチャンピオンズリーグの決勝で4回出場して4回優勝を果たした3人目の選手となった[15]。 一方、敗れたユヴェントスは、単独最多の7回目 (チャンピオンズリーグ改称後では5回目)の準優勝を記録した。[14]

トリノでの事故[編集]

ユヴェントスファンがトリノサンカルロ広場英語版で観戦していたが、試合終了10分前頃に爆発音が発生、逃げ惑ったファンが押し寄せ、1500人以上が負傷し、その内3人が重体となった[16]

日本におけるテレビ中継[編集]

<カーディフ・ミレニアム・スタジアム>

<スタジオ>

<カーディフ・ミレニアム・スタジアム>

<東京・フジテレビ>

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ またしても最高のシーズンを送ったロナウド”. UEFA.org (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  2. ^ a b UCL決勝の主審にブリッヒ氏”. UEFA.com (2017年5月12日). 2017年5月12日閲覧。
  3. ^ a b Full Time Report Final - Juventus v Real Madrid (PDF)”. UEFA. Union of European Football Associations (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  4. ^ Tactical Lineups – Final - Saturday 3 June 2017 (PDF)”. UEFA.org. Union of European Football Associations (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  5. ^ ユベントス vs レアル・マドリー:過去の対戦”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2017年5月11日). 2017年5月12日閲覧。
  6. ^ 2017年決勝:カーディフ”. UEFA.org (2015年6月29日). 2017年5月12日閲覧。
  7. ^ 今季UCL決勝のアンバサダーにラッシュ氏”. UEFA.org (2016年8月22日). 2017年5月12日閲覧。
  8. ^ UEFA Champions League™ Final Cardiff 2017 Ticket Portal”. UEFA.org (2017年3月17日). 2017年5月12日閲覧。
  9. ^ Regulations of the UEFA Champions League 2016/17 Season (PDF)”. UEFA.org. 2017年5月12日閲覧。
  10. ^ ユーベの堅守はなぜ決壊したのか。決勝でまさかの4失点。レアル相手に表出した“負債”” (日本語). フットボールチャンネル. 2019年9月8日閲覧。
  11. ^ レビュー 2016-2017 UEFA CL決勝 ユベントスVSレアル・マドリード | サッカーブログ@FOOT” (日本語) (2018年1月3日). 2019年9月8日閲覧。
  12. ^ 攻撃陣の厚さ。レアルがユーベに大勝でCL2連覇を果たした要因|海外サッカー|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva” (日本語). 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva. 2019年9月8日閲覧。
  13. ^ a b c Team statistics (PDF)”. UEFA.org. Union of European Football Associations (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  14. ^ a b 優勝回数、マドリーが12回に到達”. UEFA.org (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  15. ^ ロナウド、UCLを4回制した3人目の選手に”. UEFA.org (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  16. ^ CL観戦中のパニック事故、負傷者は約1500人に”. フランス通信社 (2017年6月5日). 2018年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]