副審

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Clemens Schüttengruber, Fußballschiedsrichter (02).jpg

副審(ふくしん)とは、スポーツ競技などの審判員の中で主審へ対して判定の手助けをする者を指す。

解説[編集]

各競技によって副審の呼称は異なるが、代表的なものとしてアシスタント・レフェリーが挙げられる。

サッカーの場合[編集]

サッカーの場合は、ボールがタッチラインを割ったかやゴールに入ったかどうか、オフサイドがあったか、主審の見ていないところでの反則があったか、などについて副審が判断し、主審にそれを示す。主審の方が近くで該当行為を見ており、かつ副審の判断が間違えている場合を除き、それに基づいて主審はジャッジを行う。

ソフトボールの場合[編集]

ソフトボールの場合は、球審塁審(大会によっては外審も)の他に副審が1名おり、彼らを補佐したり選手交代を裁くなどを行う。

テニスの場合[編集]

サーバーが放ったサービスがフォールトかどうか判定するなどを行う。

柔道の場合[編集]

ボクシングの場合[編集]

関連項目[編集]