クワドォー・アサモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クワドォー・アサモア Football pictogram.svg
Kwadwo Asamoah 20140816.jpg
名前
ラテン文字 Kwadwo Asamoah
基本情報
国籍  ガーナ
生年月日 (1988-12-09) 1988年12月9日(29歳)
出身地 アクラ
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション MF
背番号 22
利き足 左足
ユース
2005-2006 ガーナの旗 カーセマン
2006-2007 ガーナの旗 リバティ・プロフェッショナルズ
2008 スイスの旗 ベッリンツォーナ
2008 イタリアの旗 トリノ (loan)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2012 イタリアの旗 ウディネーゼ 114 (8)
2012- イタリアの旗 ユヴェントス 97 (4)
代表歴2
2006- ガーナの旗 ガーナ 69 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月27日現在。
2. 2014年10月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クワドォー・アサモアKojo Kwadwo Asamoah, 1988年12月9日 - )は、ガーナアクラ出身のサッカー選手ユヴェントスFC所属。ポジションはMF。運動量豊富で、攻守に優れた選手。

経歴[編集]

地元クラブのカーセマンFCにてキャリアをスタート。2008年1月、ACベッリンツォーナへ移籍し、イタリアのトリノFCにレンタル移籍する。2008-09シーズンからウディネーゼ・カルチョへ移籍し、パスクアーレ・マリーノ監督の下で中盤を支える選手として重用された。2010年12月、アフリカ年間最優秀若手選手賞を受賞。 2012年6月、同僚のマウリシオ・イスラとともに、ユヴェントスFCに共同保有で移籍決定。ユヴェントスでは3-5-2の左ウイングバックにコンバートされ、中心選手として活躍している。 2013年6月、ユヴェントスはアサモアの共同保有権の片方を買い取り、完全移籍が決定。2013/14シーズンのリーグ優勝に貢献し、同シーズンのセリエAベストイレブンにも選出された。[1] 2014/15シーズン以降は度重なる怪我により、大幅に出場を減らしている。[2][3]

代表歴[編集]

ガーナ代表でも台頭しており、ガーナで開催されたアフリカネイションズカップ2008の代表メンバーにも選出された。アフリカネイションズカップ2010メンバーにも選出。2008年大会は3位、2010年大会は準優勝を経験し、2010年大会のベスト11のサブメンバーにも選ばれ台頭してきた。

2010 FIFAワールドカップに初出場すると、グループリーグ3試合、ベスト16、準々決勝の合計5試合に先発出場し、ガーナ代表初のベスト8進出に貢献した。

2014 FIFAワールドカップのグループステージでは左サイドを駆け上がり、足の外側でクロスボールをあげるというプレーをみせ、ギャンのゴールをアシストした。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ユヴェントス

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Serie A, Gran Galà del Calcio Aic. Tutte le frasi e i premi” (Italian). Tuttosport (2014年12月15日). 2015年4月15日閲覧。
  2. ^ Ogbonna e Asamoah ko, in Champions Juve con l'emergenza difesa” (Italian). Tuttosport (2014年11月1日). 2015年5月22日閲覧。
  3. ^ Rugani and Asamoah out 45 days”. Football Italia (2016年9月25日). 2016年9月25日閲覧。
  4. ^ Serie A, Gran Galà del Calcio Aic. Tutte le frasi e i premi” (Italian). Tuttosport (2014年12月15日). 2015年4月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]