ジョン・ペイントシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ペイントシル Football pictogram.svg
John Paintsil Fulham cropped.jpg
フラム時代(2008年)
名前
ラテン文字 John Paintsil
基本情報
国籍 ガーナの旗 ガーナ
生年月日 (1981-07-15) 1981年7月15日(35歳)
出身地 ベレクム英語版
身長 178cm
体重 68kg
選手情報
ポジション DF(RSB)
利き足 右足
ユース
1997-1999 ガーナの旗 ベレクム・アーセナル英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 ガーナの旗 ベレクム・アーセナル 0 (0)
2000-2001 ガーナの旗 リバティ・プロフェッショナルズ英語版 10 (0)
2001-2002 ガーナの旗 ベレクム・アーセナル 12 (1)
2002-2004 イスラエルの旗 マッカビ・テルアヴィヴ 46 (0)
2004-2006 イスラエルの旗 ハポエル・テルアヴィヴ 46 (4)
2006-2008 イングランドの旗 ウェストハム 19 (0)
2008-2011 イングランドの旗 フラム 75 (0)
2011-2012 イングランドの旗 レスター 6 (0)
2012-2013 イスラエルの旗 ハポエル・テルアヴィヴ 9 (0)
2013-2014 南アフリカ共和国の旗 サントス英語版 17 (0)
2014-2016 南アフリカ共和国の旗 マリッツバーグ・ユナイテッド英語版 34 (0)
1999-2016 通算 274 (5)
代表歴2
2001-2013 ガーナの旗 ガーナ 89 (0)
監督歴
2016- 南アフリカ共和国の旗 カイザー・チーフス(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月5日現在。
2. 2016年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョン・ペイントシルJohn Paintsil, 1981年6月15日 - )は、ガーナブロング=アハフォ州ベレクム出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー

経歴[編集]

2001年FIFAワールドユースの準優勝メンバーであり、2004年にはアテネ五輪・サッカーにも出場している。ガーナ代表としてワールドカップドイツ大会にはフル出場し、初出場のチームをグループリーグ突破に導く原動力となった。

2015-16シーズンを以て現役を引退し、カイザー・チーフスFCのアシスタントコーチに就任した[1]

エピソード[編集]

  • 2006年ワールドカップドイツ大会の対チェコ戦の際、得点を上げた時にテレビカメラに向かってイスラエル国旗を振るパフォーマンスを行った。本人は大会当時イスラエルのリーグでプレーしており、「ファンへの感謝の気持ちを示しただけだった」と説明しているが、アフリカイスラム諸国等から非難が集中。後日、代表チームは軽率な行動だったとして謝罪した。これについてFIFAは「得点に喜ぶ選手の行動を制約するルールはないが、今回のようなことは2度と起きてほしくない」とコメントしている。
  • 度々名前をパントシルと間違えられている。ウェストハム入団時も名前を間違えられ、入団会見では遺憾に思うコメントを発表した。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

タイトル[編集]

マッカビ・テルアヴィヴ
ハポエル・テルアヴィヴ

脚注[編集]

  1. ^ John Paintsil named Kaizer Chiefs assistant coach to replace Doctor Khumalo”. Kick Off (2016年6月27日). 2017年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]