UEFAチャンピオンズリーグ 1996-97 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UEFAチャンピオンズリーグ 1996-97 決勝
2014 Olympiastadion Munich.jpg
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 1996-97
開催日 1997年5月28日
会場 オリンピアシュタディオン(ミュンヘン)
主審 プル・シャーンドル (ハンガリー)
観客数 59,000[1]
1996
1998

UEFAチャンピオンズリーグ1996-97 決勝は、1997年5月28日にミュンヘンのオリンピアシュタディオンで行われたUEFAチャンピオンズリーグ1996-97の決勝戦である。

概要[編集]

試合はドイツのボルシア・ドルトムントとイタリアのユヴェントスの間で行われ、ボルシア・ドルトムントが、カール=ハインツ・リードレラース・リッケンのゴールで3対1で勝利した。ユベントスのゴールはアレッサンドロ・デル・ピエロによるものである。

決勝戦までの道のり[編集]

ドルトムントは準決勝でマンチェスター・ユナイテッドを破っている。欧州の舞台での準決勝進出は、ドルトムントにとっては1964年以来、対戦相手のマンチェスター・ユナイテッドにとっては1969年以来のことであった。

一方、ユヴェントスの準決勝の相手は前年決勝でPK戦の末振り切ったアヤックスで、今度は2戦合計6-2で完勝している。

ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント ラウンド イタリアの旗 ユヴェントス
対戦相手 結果 グループステージ 対戦相手 結果
ポーランドの旗 ヴィジェフ・ウッチ 2–1 (H) 第1節 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 1–0 (H)
ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 3–0 (A) 第2節 トルコの旗 フェネルバフチェ 1–0 (A)
スペインの旗 アトレティコ・マドリード 1–0 (A) 第3節 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン 1–1 (A)
スペインの旗 アトレティコ・マドリード 1–2 (H) 第4節 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン 5–0 (H)
ポーランドの旗 ヴィジェフ・ウッチ 2–2 (A) 第5節 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 1–0 (A)
ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 5–3 (H) 第6節 トルコの旗 フェネルバフチェ 2–0 (H)
グループB 2位通過
出典: UEFA
最終順位 グループC 1位通過
出典: UEFA
対戦相手 合計 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 合計 第1戦 第2戦
フランスの旗 オセール 4–1 3–1 (H) 1–0 (A) 準々決勝 ノルウェーの旗 ローゼンポリ 3–1 1–1 (A) 2–0 (H)
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 2–0 1–0 (H) 1–0 (A) 準決勝 オランダの旗 アヤックス 6–2 2–1 (A) 4–1 (H)

ファイナリストについて[編集]

試合は1993年のUEFAカップ決勝と同じ顔合わせとなった。その際はユヴェントスが2戦合計で6-1で勝利している[2]。その試合にユヴェントスの選手として出場した2人のドイツ人選手、ユルゲン・コーラーアンドレアス・メラーは、ドルトムントに移籍していた[3]。この試合には出場していないが、ドルトムントのブラジル人選手のジュリオ・セザールも1993年の試合にはユヴェントスの選手として出場していた。また、シュテファン・ロイターパウロ・ソウザも元ユヴェントスの選手であり、マティアス・ザマーカール=ハインツ・リードレは以前にイタリアのセリエAでプレーしたことがあった(リードレがラツィオからドルトムントに移籍した際の後釜はアレン・ボクシッチで、彼は1997年にはユヴェントスに移籍していた)。

ユヴェントスで1993年から在籍していたのはゴールキーパーのアンジェロ・ペルッツィと彼の控えのミケランジェロ・ランプッラだけだった(モレノ・トリチェリアントニオ・コンテはクラブには在籍していたもののこの試合には出場していない)。また、前述の通りコーラーとメラーは相手側に移籍している。ドルトムントでは、ゴールキーパーのシュテファン・クロス、ストライカーのステファヌ・シャビュイサ[3] 、ミッドフィールダーのレネ・トレショク、シュテファン・ロイター、キャプテンのミヒャエル・ツォルクが4年前から残っていた。

1993年の対戦に加えて、両クラブはUEFAカップ1994-95の準決勝でも対戦している。この試合もユヴェントスが勝利したが、決勝ではパルマに敗れている[2]UEFAチャンピオンズリーグ1995-96グループステージでも両者は顔を合わせそれぞれアウェーで勝利したが、グループ首位とになったのはユヴェントスで、彼らは最終的にトロフィーを獲得している。

その後の数年間、ユヴェントスとボルシアドルトムントは、 チャンピオンズリーグ2014-15[2]のグループステージでユヴェントスが勝利するまで両者の再戦は無かった[4]。彼らは4回(1993年と1995のUEFAカップ、1995年と2015年のチャンピオンズリーグ)顔を合わせドルトムントでヴェストファーレンシュタディオンで対戦しているが、ドイツで行われた試合でユヴェントスが敗北したのはこの1997年の決勝だけである。また、ユヴェントスは2015年のチャンピオンズリーグでも決勝に進出しバルセロナと対戦しているが、偶然にもその試合会場は同じドイツのオリンピアシュタディオン、ベルリン・オリンピアシュタディオンで、この試合も3-1で敗れている。

試合[編集]

概要[編集]

前半、カール=ハインツ・リードレがペナルティエリア内でポール・ランバートのクロス合わせてドルトムントがリードを奪った。続いて、リードレは右からのコーナーキックにヘディングで合わせリードを2点とした。

後半、交代出場したユヴェントスのアレッサンドロ・デル・ピエロアレン・ボクシッチからのクロスにバックヒールでゴールを決め、スコアを2-1とした。交代出場したドルトムント地元出身の20歳ラース・リッケンは、ピッチに入ってからわずか16秒後にはアンドレアス・メラーのスルーパスを受け、最初のボールタッチでゴール前20ヤード以上の地点からシュートを放ち、アンジェロ・ペルッツィをかわしたボールはドルトムントの3-1の勝利を演出した。リッケンのゴールは、UEFAチャンピオンズリーグ史上、交代出場からの得点としての最速記録だった[5]

また、ジネディーヌ・ジダンはランバートの執拗なマークに苦しみ、印象を残すことはできなかった[6][7][8][9][10]

試合はドルトムントの3-1の勝利終わり、ドルトムントはチャンピオンズリーグ初優勝を果たした。

詳細[編集]

ボルシア・ドルトムント
ユヴェントス
GK 01 ドイツの旗 シュテファン・クロス
SW 06 ドイツの旗 マティアス・ザマー キャプテン
CB 15 ドイツの旗 ユルゲン・コーラー
CB 16 ドイツの旗 マルティン・クレー
RWB 07 ドイツの旗 シュテファン・ロイター
LWB 17 ドイツの旗 ヨルク・ハインリヒ
CM 14 スコットランドの旗 ポール・ランバート
CM 19 ポルトガルの旗 パウロ・ソウザ 23分に警告 23分
AM 10 ドイツの旗 アンドレアス・メラー 89分に交代退場 89分
CF 13 ドイツの旗 カール=ハインツ・リードレ 67分に交代退場 67分
CF 09 スイスの旗 ステファヌ・シャピュイサ 70分に交代退場 70分
サブメンバー
GK 12 ドイツの旗 ボルフガング・デ・ベア
MF 08 ドイツの旗 ミヒャエル・ツォルク 89分に交代出場 89分
MF 18 ドイツの旗 ラース・リッケン 71分に警告 71分  70分に交代出場 70分
MF 23 ドイツの旗 レネ・トレショク
FW 11 ドイツの旗 ハイコ・ヘルリッヒ 67分に交代出場 67分
監督
ドイツの旗 オットマー・ヒッツフェルト
Borussia Dortmund vs Juventus 1997-05-28.svg
GK 01 イタリアの旗 アンジェロ・ペルッツィ キャプテン
RB 05 イタリアの旗 セルジオ・ポリーニ 19分に警告 19分 46分に交代退場 46分
CB 02 イタリアの旗 チロ・フェラーラ
CB 04 ウルグアイの旗 パオロ・モンテーロ
LB 13 イタリアの旗 マルク・ユリアーノ 90分に警告 90分
DM 14 フランスの旗 ディディエ・デシャン
RM 07 イタリアの旗 アンジェロ・ディ・リーヴィオ
LM 18 ユーゴスラビア連邦共和国の旗 ヴラディミル・ユーゴヴィッチ
AM 21 フランスの旗 ジネディーヌ・ジダン
CF 15 イタリアの旗 クリスティアン・ヴィエリ 71分に交代退場 71分
CF 09 クロアチアの旗 アレン・ボクシッチ 87分に交代退場 87分
サブメンバー
GK 12 イタリアの旗 ミケランジェロ・ランプッラ
DF 22 イタリアの旗 ジャンルカ・ペッソット
MF 20 イタリアの旗 アレッシオ・タッキナルディ 87分に交代出場 87分
FW 10 イタリアの旗 アレッサンドロ・デル・ピエロ 46分に交代出場 46分
FW 16 イタリアの旗 ニコラ・アモルーゾ 71分に交代出場 71分
監督
イタリアの旗 マルチェロ・リッピ


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2.FInals”. uefa.com. 2021年2月14日閲覧。
  2. ^ a b c Juventus v Dortmund background”. UEFA.com (2015年1月14日). 2017年11月4日閲覧。
  3. ^ a b 20 years on: Dortmund's European champions”. UEFA.com (2017年5月28日). 2017年11月4日閲覧。
  4. ^ Tévez leads Juventus to Dortmund stroll”. UEFA.com (2015年3月18日). 2017年11月4日閲覧。
  5. ^ Milne, David (1997年5月29日). “Football: Juventus wrecked by German bite”. The Independent. https://www.nytimes.com/1994/06/12/sports/world-cup-94-scoreboard-watching-new-rules-plus-new-players-should-equal-goals.html 2020年4月1日閲覧。 
  6. ^ Murray, Scott (2011年11月25日). “The Joy of Six: British and Irish footballers abroad”. The Guardian (Guardian News and Media Limited). https://www.theguardian.com/sport/blog/2011/nov/25/joy-of-six-football-exports 2013年1月28日閲覧。 
  7. ^ “Paul Lambert – The Norwich wizard”. espnstar.com. オリジナルの2012年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120406200748/http://www.espnstar.com/rss-feed/detail/item617249/ 2011年5月4日閲覧。 
  8. ^ Gordon, Phil (2009年9月6日). “Norwich City manager Paul Lambert on his vision for the future”. Sunday Herald. http://www.heraldscotland.com/sport/english-football/norwich-city-manager-paul-lambert-on-his-vision-for-the-future-1.917708 2013年1月28日閲覧。 
  9. ^ Calvin, Michael (2010年5月1日). “Revealed: The six British Football League managers capable of being the next Roy Hodgson”. Mirror Football. オリジナルの2012年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120609222546/http://www.mirrorfootball.co.uk/opinion/columnists/michael-calvin/Ian-Holloway-Nigel-Pearson-Paul-Lambert-Kenny-Jacket-Keith-Hill-and-Eddie-Howe-the-British-Football-League-managers-capable-of-being-the-next-Roy-Hodgson-The-Michael-Calvin-Column-article411383.html 2013年1月28日閲覧。 
  10. ^ “PAUL LAMBERT: FROM LINWOOD RANGERS BC TO THE ENGLISH PREMIER LEAGUE”. scotzine.com. (2011年5月3日). http://www.scotzine.com/2011/05/paul-lambert-from-linwood-rangers-to-the-english-premier-league/ 2013年1月28日閲覧。 

外部リンク[編集]