UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 > UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 決勝
UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21
開催日 2021年5月29日
会場 エスタディオ・ド・ドラゴン(ポルト)
UEFA選出最優秀選手 フランスの旗エンゴロ・カンテ[1]
主審 マテウ・ラオス
天気 快晴
気温 : 19 °C (66 °F)
2020
2022

UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 決勝(UEFAチャンピオンズリーグ 2020-21 けっしょう、英語: UEFA Champions League 2020-21 Final)は、欧州サッカー連盟 (UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2020-21の決勝戦であり、29回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である (UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると66回目)。試合は2021年5月29日土曜日にポルトエスタディオ・ド・ドラゴンで開催された[2]

チェルシーが9シーズンぶり2度目の優勝を果たし、UEFAヨーロッパリーグ 2020-21王者と対戦する2021 UEFAスーパーカップの出場権の他、UEFAサッカー連盟を代表して、2021年12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ2021の出場権を獲得した。

当初、決勝戦はロシアサンクトペテルブルクガスプロム・アリーナで開催される予定であったが、2020年の決勝がリスボンに変更になり、ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染拡大の影響も加味し、決勝戦の会場を1年戻しイスタンブールでの開催となった[3]。しかし、英国政府が新型コロナウイルス対策の一環でトルコを5月12日から『レッドリスト』に追加する決定を下したことを受け、アストン・ヴィラはイスタンブールではなく、バーミンガムにあるヴィラ・パークで8,000人の観客を入れて開催することをUEFAに提案した[4]。ヴィラ・パークは99年まで行われていたUEFAカップウィナーズカップの決勝戦を行った場所でもあり、マンチェスター・ロンドン共に同じくらいの距離にあることから、チェルシーとマンチェスター・シティとなった2012年FAコミュニティ・シールドは、ロンドン五輪が開催され、ウェンブリー・スタジアムが使用できないことから、ヴィラ・パークで行われた経緯がある。しかし、5月13日、UEFAは決勝の舞台をイスタンブールからポルトガルポルトにあるエスタディオ・ド・ドラゴンに変更したを発表した[2]

試合前[編集]

マンチェスター・シティはヨーロピアン・カップ/UEFAチャンピオンズリーグ通して初めての決勝進出。マンチェスター・シティ自体は2度目の主要UEFAクラブコンペティションのファイナルであり、UEFAカップウィナーズカップ 1969-70で優勝を果たしたものの、連覇を狙った翌年の1971年に準決勝で今回の決勝で対戦するチェルシーに敗れている。マンチェスター・シティはイングランド勢として、9チーム目のヨーロピアン・カップ/UEFAチャンピオンズリーグの決勝の出場となる。

一方のチェルシーは3回目の決勝進出、直近では2012年が最後であり、このときはPK戦でFCバイエルン・ミュンヘンを破り優勝した。その他の欧州大会ではUEFAヨーロッパリーグで2度(2013年2019年)、UEFAカップウィナーズカップで2度(1971年1998年)優勝している。また、監督のトーマス・トゥヘル前年パリ・サンジェルマンを率いて決勝進出を果たしており、異なるクラブで2年連続ファイナルに進んだ初の監督となった。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝が同国対決になるのは今回で8度目で、イングランド勢同士は2008年(マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー)・2019年(リヴァプールvsトッテナム)に続いて3度目となる。

両チームのこの試合前までの対戦成績はチェルシーの70勝39分59敗。ヨーロッパの舞台での対決は先述した1971年のCWC準決勝のみであり、2試合ともにチェルシーが勝利している。今シーズンはリーグ戦とカップ戦で3度対戦。リーグ戦では、第17節に1-3でフランク・ランパード率いるチェルシーに勝利しているが、第35節に今度はトゥヘル体制のチェルシーが1-2で逆転勝利を収めた。FAカップではチェルシーが準決勝でシティを1-0で下し、シティの4冠(リーグ戦・カラバオカップ・FAカップ・CL)を阻止している。

シティは、リーグ戦とカラバオカップは制覇しており、トレブルがかかった試合となった。一方のチェルシーは、今季初タイトルをかけた試合となった。

試合会場[編集]

今大会の決勝戦の誘致に関心を持つサッカー連盟は2017年9月22日から10月31日の間にそれを表明し、2018年3月1日までに書類を提出することとなっていた。ただし、UEFA EURO 2020の会場となる12連盟は応募できない。2017年11月3日にUEFAによって以下の2つの候補地が公開された[5]

協会 都市 スタジアム 収容能力 過去の開催実績
ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン エスタディオ・ダ・ルス 65,647人 2014年
トルコの旗 トルコ イスタンブール アタテュルク・オリンピヤト・スタドゥ 76,092人 2005年

2018年3月24日にキエフで開催されたUEFAの理事会にてアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥが選出された[6]

2020年6月17日、UEFA実行委員会は2020年の決勝戦がエスタディオダルスに延期および移転されたため、代わりにイスタンブールが2021年の決勝戦を主催すると発表された[3]

アンバサダー[編集]

決勝戦までの道のり[編集]

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

イングランドの旗 マンチェスター・シティ ラウンド イングランドの旗 チェルシー
対戦相手 結果 グループステージ 対戦相手 結果
ポルトガルの旗 ポルト 3–1 (H) 第1節 スペインの旗 セビージャ 0–0 (H)
フランスの旗 マルセイユ 3–0 (A) 第2節 ロシアの旗 クラスノダール 4–0 (A)
ギリシャの旗 オリンピアコス 3–0 (H) 第3節 フランスの旗 レンヌ 3–0 (H)
ギリシャの旗 オリンピアコス 1–0 (A) 第4節 フランスの旗 レンヌ 2–1 (A)
ポルトガルの旗 ポルト 0–0 (A) 第5節 スペインの旗 セビージャ 4–0 (A)
フランスの旗 マルセイユ 3–0 (H) 第6節 ロシアの旗 クラスノダール 1–1 (H)
グループC1位
チーム
イングランドの旗 マンチェスター・シティ 6 5 1 0 13 1 +12 16
ポルトガルの旗ポルト 6 4 1 1 10 3 +7 13
ギリシャの旗 オリンピアコス 6 1 0 5 2 10 -8 3
フランスの旗 マルセイユ 6 1 0 5 2 13 -11 3
最終結果 グループE1位
チーム
イングランドの旗 チェルシー 6 4 2 0 14 2 +12 14
スペインの旗 セビージャ 6 4 1 1 9 8 +1 13
ロシアの旗 クラスノダール 6 1 2 3 6 11 -5 5
フランスの旗 レンヌ 6 0 1 5 3 11 -8 1
対戦相手 合計 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 合計 第1戦 第2戦
ドイツの旗 ボルシアMG 4–0 2–0 (A)[注釈 1] 2–0 (H)[注釈 1] ラウンド16 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 3–0 1–0 (A)[注釈 2] 2–0 (H)
ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 4–2 2–1 (H) 2–1 (A) 準々決勝 ポルトガルの旗 ポルト 2–1 2–0 (A)[注釈 3] 0–1 (H)[注釈 3]
フランスの旗 パリ・サンジェルマン 4–1 2–1 (A) 2–0 (H) 準決勝 スペインの旗 レアル・マドリード 3–1 1–1 (A) 2–0 (H)

試合[編集]

審判団[編集]

2021年5月12日、UEFAはRFEF所属の国際審判員であるアントニオ・マテウ・ラオスを当試合の主審に任命した。UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19 決勝で第4審判を務めた経験を持ち、今シーズンも6試合で主審を担当している。また、UEFA EURO2020の担当審判員の1人にも選ばれている。副審も同じくスペインのパウ・デビスとロベルト・ディアス、第4審判もスペインのカルロス・グランデが務める。VAR担当はスペインとポーランドから計4名が選出された[10]

概要[編集]

GK 31 ブラジルの旗 エデルソン
RB 2 イングランドの旗 カイル・ウォーカー
CB 5 イングランドの旗 ジョン・ストーンズ
CB 3 ポルトガルの旗 ルベン・ディアス
LB 11 ウクライナの旗 オレクサンドル・ジンチェンコ
CM 20 ポルトガルの旗 ベルナルド・シウバ 64分に交代退場 64分
CM 8 ドイツの旗 イルカイ・ギュンドアン 35分に警告 35分
CM 47 イングランドの旗 フィル・フォーデン
RF 26 アルジェリアの旗 リヤド・マフレズ
CF 17 ベルギーの旗 ケヴィン・デ・ブライネ キャプテン 60分に交代退場 60分
LF 7 イングランドの旗 ラヒーム・スターリング 77分に交代退場 77分
控え
GK 13 アメリカ合衆国の旗 ザック・ステッフェン
GK 33 イングランドの旗 スコット・カーソン
DF 6 オランダの旗 ナタン・アケ
DF 14 フランスの旗スペインの旗 アイメリク・ラポルテ
DF 22 フランスの旗 バンジャマン・メンディ
DF 27 ポルトガルの旗 ジョアン・カンセロ
DF 50 スペインの旗 エリック・ガルシア
MF 16 スペインの旗 ロドリ
MF 25 ブラジルの旗 フェルナンジーニョ 64分に交代出場 64分
FW 9 ブラジルの旗 ガブリエル・ジェズス 88分に警告 88分 60分に交代出場 60分
FW 10 アルゼンチンの旗 セルヒオ・アグエロ 77分に交代出場 77分
FW 21 スペインの旗 フェラン・トーレス
監督
スペインの旗 ジョゼップ・グアルディオラ
Manchester City vs Chelsea 2021-05-29.svg
GK 16 セネガルの旗 エドゥアール・メンディ
CB 28 スペインの旗 セサル・アスピリクエタキャプテン
CB 6 ブラジルの旗 チアゴ・シウバ 39分に交代退場 39分
CB 2 ドイツの旗 アントニオ・リュディガー 57分に警告 57分
RM 24 イングランドの旗 リース・ジェームズ
CM 5 イタリアの旗 ジョルジーニョ
CM 7 フランスの旗 エンゴロ・カンテ
LM 21 イングランドの旗 ベン・チルウェル
RF 29 ドイツの旗 カイ・ハフェルツ
CF 11 ドイツの旗 ティモ・ヴェルナー 66分に交代退場 66分
LF 19 イングランドの旗 メイソン・マウント 80分に交代退場 80分
控え
GK 1 スペインの旗 ケパ・アリサバラガ
GK 13 アルゼンチンの旗 ウィルフレード・カバジェロ
DF 3 スペインの旗 マルコス・アロンソ
DF 4 デンマークの旗 アンドレアス・クリステンセン 39分に交代出場 39分
DF 15 フランスの旗 クル・ズマ
DF 33 イタリアの旗 エメルソン
MF 17 クロアチアの旗 マテオ・コヴァチッチ 80分に交代出場 80分
MF 22 モロッコの旗 ハキム・ツィエク
MF 23 スコットランドの旗 ビリー・ギルモア
FW 10 アメリカ合衆国の旗 クリスチャン・プリシッチ 66分に交代出場 66分
FW 18 フランスの旗 オリヴィエ・ジルー
FW 20 イングランドの旗 カラム・ハドソン=オドイ
監督
ドイツの旗 トーマス・トゥヘル

UEFA選出マン・オブ・ザ・マッチ
フランスの旗 エンゴロ・カンテ
副審
スペインの旗 パウ・セブリアン・デビィス
スペインの旗 ロベルト・ディアス・ペレス
第4審判
スペインの旗 カルロス・デル・セロ・グランデ
VAR
スペインの旗 アレハンドロ・エルナンデス・エルナンデス
VARアシスタント:
スペインの旗 フアン・マルティネス・ムヌエラ
スペインの旗 イニゴ・プリエト・ロペス・ド・クライン
ポーランドの旗 パヴェウ・ギル

試合ルール[11]

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは12名。
  • 最大3人まで交代可能。

試合展開[編集]

両者ともに目立った故障者はおらず、ほぼ全ての主力がチームに帯同した。シティは準決勝2ndレグから1人変更。左ウイングにラヒーム・スターリング、2ndレグで左ウイングのフィル・フォーデンはインサイドハーフに起用され、アンカーに2ndレグではインサイドハーフだったギュンドアンが起用された。この試合を最後に退団するセルヒオ・アグエロはベンチスタートとなった。チェルシーも準決勝2ndレグから1人変更し、直前まで負傷欠場していたクリステンセンがベンチスタートとなり、代わってリース・ジェームズが右ウイングバックで先発出場、2ndレグで右ウイングバックだった主将セサル・アスピリクエタがセンターバックで起用された。

シティはスターリングと最前線のMFケヴィン・デ・ブライネを中心に何度かボックス内まで持ち込んだが、最後のところでチェルシー守備陣の対応に遭いシュートまでは至らなかった。27分にフィル・フォーデンがGKと1対1になりシュートするも、間一髪滑り込んだアントニオ・リュディガーがブロックした。チェルシーは前線の3人とカンテを中心とした速攻でチャンスを作るも、14分のティモ・ヴェルナーのシュートはGK正面、16分のカンテのヘディングは枠外へと飛んだ。39分、チェルシーはロングボールの競り合いでチアゴ・シウバが筋肉を負傷し、クリステンセンと交代した。その直後の42分、メイソン・マウントのスルーパスにカイ・ハフェルツが反応して抜け出し、GKをかわして左足で流し込み先制に成功した。ハフェルツは12試合目にしてCL初ゴール、また21歳352日でのCL決勝でのゴールは、ドイツ人ではラース・リッケンに次ぐ年少記録となった。前半は0-1で終了した。

55分に相手の背後へ走り抜けようとしたデ・ブライネがリュディガーと激しく交錯し顔面を強打し、治療を受けるものの続行不可能となりガブリエル・ジェズスと交代となった。シティはその後、フェルナンジーニョを投入してギュンドアンを1列上げ、攻勢を強める。60分、エリア内でスターリングのシュートがジェームズの手に当たったが、VARチェックで故意では無いとしてノーファウルと判定された。68分にリヤド・マフレズがエリア深くに侵入して折り返すがギュンドアンの手前でアスピリクエタが滑り込みクリアし、74分には逆サイドからスターリングが折り返すがマフレズの手前でベン・チルウェルがクリアした。一方で、チェルシーはクリスチャン・プリシッチを投入した。72分に速攻からプリシッチがGKと1対1となるも、シュートは枠の左へ外れた。シティは77分にセルヒオ・アグエロを投入。マテオ・コヴァチッチを投入して5-4-1に変化したチェルシーのブロックは最後まで崩れることなく、チェルシーが1-0でマンチェスター・シティを破り、9年ぶり2度目の優勝を成し遂げた[12][13]

統計[編集]

試合後[編集]

日本における中継[編集]

日本での中継は前年まで放映権を持っていたDAZNが契約を1年残して打ち切り[18]、2021年1月にWOWOWが独占放映権を獲得した[19]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b ボルシアMGとの試合は、新型コロナウイルスによるイギリスとドイツ間での渡航制限により、ハンガリーブダペストにあるプスカシュ・アレーナで2試合共行う。[7][8]
  2. ^ アトレティコ・マドリードとの試合は、新型コロナウイルスによるイギリスとスペイン間での渡航制限により、ルーマニアブカレストにあるアレーナ・ナツィオナラで試合を行う。[7]
  3. ^ a b ポルトとの試合は、新型コロナウイルスによるイギリスとポルトガル間での渡航制限により、スペインセビリアにあるエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで2試合共行う。[9]

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ a b “UEFA Champions League final to move to Portugal to allow 6,000 fans of each team to attend”. Union of European Football Associations. (2021年5月13日). https://www.uefa.com/insideuefa/mediaservices/mediareleases/news/0269-1243f864391e-53c7874f0ae0-1000/ 
  3. ^ a b “UEFA competitions to resume in August”. Union of European Football Associations. (2020年6月17日). https://www.uefa.com/insideuefa/news/newsid=2642232.html 2020年6月17日閲覧。 
  4. ^ Dorsett, Rob (2021年5月6日). “Champions League: Aston Villa to offer Villa Park for Manchester City v Chelsea final”. Sky Sports. 2021年5月14日閲覧。
  5. ^ Six associations interested in hosting 2020 club finals”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2017年11月3日). 2020年8月23日閲覧。
  6. ^ UEFA Executive Committee agenda for Kyiv meeting”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2018年5月8日). 2020年8月23日閲覧。
  7. ^ a b “UEFA Champions League venue changes”. UEFA. (2021年2月10日). https://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/0266-118507f7b277-e0b239dfd239-1000/ 2021年2月10日閲覧。 
  8. ^ “Manchester City vs Borussia Mönchengladbach venue change confirmed”. UEFA. (2021年3月10日). https://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/0267-11c3321c2aaa-c74d24504e90-1000/ 2021年3月10日閲覧。 
  9. ^ “Porto vs Chelsea games to be played in Seville”. UEFA. (2021年3月30日). https://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/0267-11ebb758081c-11eb8228434d-1000/ 2021年3月30日閲覧。 
  10. ^ [2]
  11. ^ Regulations of the UEFA Champions League 2018/19 Season - UEFA.com、2018年4月4日
  12. ^ チェルシーが9年ぶり2度目のチャンピオンズリーグ制覇!ハヴァーツが決勝で大会初得点、1月就任トゥヘルが歓喜もたらす”. Goal.com (2021年5月31日). 2021年6月2日閲覧。
  13. ^ Man. City-Chelsea | UEFA Champions League” (英語). UEFA.com. 2021年6月2日閲覧。
  14. ^ a b c Team statistics (PDF)”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2021年5月29日). 2021年5月30日閲覧。
  15. ^ チェルシー欧州CL制覇 決勝進出は3度とも監督途中解任のシーズン 結果にこだわるオーナーの執念”. スポニチ Sponichi Annex (2021年5月30日). 2021年6月2日閲覧。
  16. ^ リーグ戦23節(4-3)、CL準々決勝2試合(3-0,2-1)
  17. ^ 前身のUEFAチャンピオンズカップでは1987年にラバー・マジェールが決勝で先発出場
  18. ^ DAZN突然配信中止に困惑 欧州CL中継の経緯 - 日刊スポーツ、2021年1月14日(2021年5月17日閲覧)
  19. ^ 「UEFAチャンピオンズリーグ」20-21シーズン WOWOWで決勝トーナメント全29試合独占生中継!「UEFAヨーロッパリーグ」20-21シーズン決勝トーナメント 注目試合を独占生中継! - WOWOW、2021年1月14日(2021年5月17日閲覧)

外部リンク[編集]