五角錐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。鼈甲 (会話 | 投稿記録) による 2019年9月18日 (水) 17:53個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
正五角錐

五角錐(ごかくすい、: pentagonal pyramid)とは、底面が五角形角錐である。特に底面が正五角形で、頭頂点から底面に下ろした垂線が底面の中心で交わるものを正五角錐といい、その側面は二等辺三角形である。正五角錐の内、側面が正三角形のものは2番目のジョンソンの立体である。

ジョンソンの立体となる正五角錐

正五角錐 (ジョンソンの立体)
五角錐
種別 ジョンソンの立体角錐
J1 - J2 - J3
面数 6
面形状 正三角形: 5
正五角形: 1
辺数 10
頂点数 6
頂点形状 1(35)
5(32, 5)
対称群 C5v
双対多面体 自己双対
特性 凸集合
テンプレートを表示

性質

  • 表面積: 一辺をとすると
  • 体積: 一辺をとすると

近縁な立体

関連項目

外部リンク

  • Weisstein, Eric W. "Pentagonal Pyramid". MathWorld (英語).