切頂大十二面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
切頂大十二面体

切頂大十二面体 (せっちょうだいじゅうにめんたい、Truncated great dodecahedron)とは、一様多面体の一種で、大十二面体の各頂点を切り落としたものである。切り口は星型五角形になる。

  • 構成面:正十角形 12枚、星型五角形 12枚
  • 辺:90
  • 頂点:60
  • 頂点形状:5/2,10,10

Truncated great dodecahedron vertfig.png

同じ枠を持つ立体[編集]