星型八面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星型八面体
星型八面体
種別 星型多面体正複合多面体
面形状 正三角形: 8枚
Stellation of octahedron facets.png
辺数 12
頂点数 8
対称群 Oh
正六面体
正八面体
双対多面体 自己双対
テンプレートを表示

星型八面体(ほしがたはちめんたい、Stellated octahedron)または、ステラ・オクタンギュラStella octangula)とは、正八面体からできる唯一の星型多面体であり、2つの正四面体による複合多面体である。正複合多面体の一種でもある。

星型の胞を利用したアルファベット表記ではBである。ドイツ数学者ヨハネス・ケプラーが発見した立体で、最初に発見された星型多面体と言われている。三次元のデルタの星(星型六角形ダビデの星)ともいえる。これは、正八面体から作ったダ・ヴィンチの星と同じ外観をしている。

立方体である。つまり、頂点を繋ぐことで立方体を作ることができ、したがってまた、立方体の頂点をつないで星型八面体を作図することができる。

全ての合同正三角形だが、独立した立体でない(複合体である)ため、星型正多面体には含まない。

関連項目[編集]