正四角台塔柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正四角台塔柱

正四角台塔柱(せいしかくだいとうちゅう、elongated square cupola)とは、19番目のジョンソンの立体で、正八角柱の1つの底面に正四角台塔をつけた形である。また、もう一方の底面に、正四角台塔をつけると斜方立方八面体に、45度ひねってつけるとミラーの立体になる。

  • 構成面:正三角形4枚、正方形13枚、正八角形1枚
  • 辺:36
  • 頂点:20
  • 表面積:一辺をとすると
  • 体積:一辺をとすると

関連項目[編集]