大二重変形二重斜方十二面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大二重変形二重斜方十二面体

大二重変形二重斜方十二面体(英:Great disnub dirhombidodecahedron)またはスキリングの立体(英:Skilling's figure)とは、幾何学上の立体の一種である。

概要[編集]

J.スキリングはコンピューターを使い、一様多面体H.S.M.コクセターらが発表した75種類で全てということを証明した。そこで、条件を緩めて一辺に任意の偶数枚の面が集まってもよいとすると、ただ一種類の新しい多面体を発見した。それがこの大二重変形二重斜方十二面体である。厳密には一様多面体には含まれず、Degenerate uniform polyhedronとして扱われる。

性質[編集]

一様多面体の条件をほとんど満たしているが、 4つの面が重なる辺があるので普通は一様多面体には数えない。

同じ枠を持つ立体[編集]