大星型切頂十二面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大星型切頂十二面体

大星型切頂十二面体 (だいほしがたせっちょうじゅうにめんたい、Great Stellated Truncated Dodecahedron)又は擬切頂大星型十二面体 (ぎせっちょうだいほしがたじゅうにめんたい、Quasitruncated Great Stellated Dodecahedron)とは、一様多面体の一種で、大星型十二面体星型五角形が星型十角形になるようにして各頂点を削ったものである。切り口は正三角形であるが、外観上は3枚の凧形となる。また、切頂十二面体の正十角形を、正10/3角形に変更した図形でもある。詳しくは星型切頂六面体を参照。

性質 [編集]

同じ枠を持つ立体[編集]