小変形二十・二十・十二面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小変形二十・二十・十二面体

小変形二十・二十・十二面体(しょうへんけいにじゅう・にじゅう・じゅうにめんたい、Small snub icosicosidodecahedron)または変形二重二十・十二面体(へんけいにじゅうにじゅう・じゅうにめんたい、Snub disicosidodecahedron)とは、一様多面体の一種である。サッカーボール五角形五芒星に、六角形六芒星(ただし、枠が正六角形にはなっていない)に変え、隙間を正三角形で埋めたような形をしている。

性質[編集]

  • 構成面: 正三角形100枚(2枚重なったものが20枚+その他60枚)、正5/2角形12枚、計112枚
  • 辺: 180
  • 頂点: 60
  • 頂点形状: 35, 5/2
    小変形二十・二十・十二面体の頂点形状
  • ワイソフ記号: | 5/2 3 3
  • : 切頂二十面体の正六角形を、隣り合う辺の長さの比がとなる六角形に変更したもの。
  • 双対: 小六角六十面体英語版
    小六角六十面体

関連項目[編集]