擬大斜方立方八面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
擬大斜方立方八面体

擬大斜方立方八面体(いちようだいしゃほうりっぽうはちめんたい、Pseudo great rhombicuboctahedron)とは、 一様大斜方立方八面体の一部を45°回転させた立体であり、一様大斜方立方八面体と同じ面の数・頂点の数と形状・辺の数を持つ。 全ての頂点近傍が合同であり、一見一様多面体の条件に合うが、頂点推移的ではないため通常は含まれず、ミラーの立体と共にPseudo-uniform polyhedronに分類される。

性質 [編集]

  • 構成面: 正三角形8枚、正方形18枚
  • 辺: 48
  • 頂点: 24
  • 頂点形状: 4, 4, 4, 3/2
    擬大斜方立方八面体の頂点形状
  • 双対: Pseudo-great deltoidal icositetrahedron
    Pseudo-great deltoidal icositetrahedron

関連項目[編集]