凹多面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

凹多面体(おうためんたい)は、いずれかの辺(稜)における二面角(2つの面で作られる角度)が180度を超える多面体である。多面体に対する凹多面体・凸多面体は、多角形に対する凹多角形凸多角形に相当する。 凸多面体ではない多面体は凹多面体であるため、星型正多面体穿孔多面体は全て凹多面体である。 正多面体半正多面体などは全て凸多面体であり、凹多面体ではない。

穿孔多面体でない限り、つまり球面位相同型であれば凹多面体も凸多面体と同様にオイラーの多面体定理が成立する。

関連項目[編集]