変形十二面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
変形十二面体
変形十二面体(鏡像)

変形十二面体(へんけいじゅうにめんたい、Snub dodecahedron)とは、半正多面体の一種で、正十二面体の面をねじり、間に三角形を入れたような立体である。捩れ十二面体変形二十・十二面体などともいう。反対の方向にもねじることができる。

  • 構成面:正三角形80枚(20+60枚)、正五角形12枚
  • 辺:150
  • 頂点:60の各頂点に、正三角形4枚と正五角形1枚が集まる。
  • 双対多面体五角六十面体
  • ワイソフ記号:|2 3 5
  • 表面積:(20\sqrt{3}+3\sqrt{25+10\sqrt{5}})a^2
  • 外接球半径:一辺を2とすると約4.311674749
  • 捩り角:13.10640278