三方二十面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三方二十面体
三方二十面体
三方二十面体
種別 カタランの立体六十面体
面数 60
面形状 二等辺三角形の一種
DU26 facets.png
辺数 90
頂点数 32
対称群 Ih
双対多面体 切頂十二面体
特性 凸集合
テンプレートを表示

三方二十面体(さんぽうにじゅうめんたい、: triakis icosahedron)とは、カタランの立体の一種で、切頂十二面体双対多面体である。正二十面体の各面の中心を持ち上げ、3つの二等辺三角形に分けたような形をしている。言い替えると、正二十面体の各面に正三角錐を貼り付けた形となっている。

性質[編集]

三方二十面体のサイコロ
  • 構成面となる二等辺三角形の形状
    • 頂角: 約119.04°
    • 底角: 約30.48°
    • 短い辺 : 長い辺 =

ユニット折り紙を30枚使って、簡単に作ることができる。

近縁な立体[編集]

外部リンク[編集]