十二・十二面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十二・十二面体

十二・十二面体(dodecadodecahedron)とは、一様多面体の一種で、大十二面体または小星型十二面体の頂点を辺の中心まで切り落としたものである。二十・十二面体正三角形の面を削り、正五角形の面を星型五角形に、正三角形のところを3枚の菱形にした形をしている。またこの立体は(凸でないものを含む場合の)準正多面体である。

性質 [編集]

同じ枠を持つ立体[編集]

派生的な立体 [編集]