甲子園阪神パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阪神パークから転送)
移動先: 案内検索
甲子園阪神パーク
2003年3月29日

甲子園阪神パーク(こうしえんはんしんパーク、1929年 - 1943年1950年 - 2003年)は、かつて兵庫県西宮市甲子園地域にあった遊園地阪神電気鉄道が所有・運営していた。

概説[編集]

大手私鉄各社は、沿線に遊園地を展開し、利用者の誘致を図っており、阪神パークも同じ目的を持っていた。付近には阪神甲子園球場鳴尾競馬場等もあり、阪神電鉄にとって甲子園は一大レジャーゾーンであった。

1929年の開園時は現在の鳴尾浜公園の海側に、海にせり出す形で建設されていた。 しかし戦争の拡大により、隣接する鳴尾競馬場とともに1943年(昭和18年)に海軍基地として接収され、解体。敷地は鳴尾飛行場の滑走路となった。

戦後の1950年、阪神甲子園球場の東隣に再建された。 晩年(1997年 - )は入場無料として一部を住宅展示場にした「阪神パーク甲子園住宅遊園」となっていたが、USJ開業後の利用者の減少にともない、2003年3月30日の営業をもって閉鎖となり、跡地は商業施設「ららぽーと甲子園」になった。前後して他の関西圏の大手私鉄でも、老舗遊園地の閉鎖が相次いだ[1]

主な施設[編集]

レオポンの剥製
  • 動物園
ゾウサルキリンなどの動物やフラミンゴなどの鳥類を飼育していた。戦前には「ペンギンの海」と呼ばれる日本最大級の展示があり、ケープペンギン100羽余りを氷山を模した島で展示していた。また戦後には、ヒョウライオンを異種交配した「レオポン」と呼ばれる珍獣も飼育しており、海外からも注目されたことがある。5頭が生まれ、うち1頭は1985年まで生存した[2]。閉鎖後はゾウ2頭が千葉県市原ぞうの国に移住した[3]ほか、大阪市天王寺動物園などいくつかの動物園に移籍している。
  • 阪神水族館
阪神パークオープンからしばらくして、オープンした戦前において日本最大級の水族館。館内には当時日本最大の水槽を天井に配した天井水槽や日本初の沖縄の熱帯魚の展示や、水族館としては最初期の時期の飼育とされる鯨類(カマイルカハナゴンドウ)の飼育が行われ、特に専用プールでのゴンドウクジラ飼育は有名で、簡単なショーをこなすまでになったが、戦争が激しくなり閉鎖。戦後再建される事もなかった。
  • 遊戯物
ジェットコースターモノレール観覧車、アスレチック、大飛行塔などの遊戯物があった。
「デラックスプール」(のち「ビーチプール」と改称)と呼ばれる屋外プールを夏季に営業していた。ウォーターコースター(滑り台)、人工波(プールに人工的に波を作る装置)などの設備を有した。また、1980年代前半は特設ステージにて複数の女性アイドルによるミニコンサートを実施していた。この他、スイミングスクールも営業していた。場所はパークとは道路(通称:臨港線)を挟んだ南側にあり、現在はららぽーと甲子園の駐車場となっている。
  • スケート場
冬季は、南東端の臨港線沿いにあった敷地内駐車場の一部(現在はイトーヨーカドーの駐輪場スペース辺り)を使ってオープンスケートリンクを営業し、スケート教室も開かれていた。
  • 住宅展示場
震災後に利用者が激減したため、1997年に園内に住宅展示場を設置した。入場料が無料になったため、この年以降、入場者数はカウントされなくなった。レジャー施設の住宅展示場への転用は南海ホークスの本拠地であった大阪球場にも実例があったが、遊園地の衰退振りを物語るものとなってしまった。
阪神国道線の保存車 1(元27) 215
阪神国道線の保存車 1(元27)
215
  • その他
    • イベントを開催する演芸ホールがあった。のちに子供向けのちびっこホールに改装されている。
    • 1975年に廃止された路面電車阪神国道線で使われていた、1形27号車(展示の際、車体表記を1に変更)と201形215号車をスケートリンク脇にて展示していたが、1991年のリニューアル時前後に撤去された[4]。なお、スケートリンク営業時はこの車内が休憩所として利用されていた。
    • 厳密には園内ではないが、敷地内にはボウリング場「甲子園ボウル」があった[5]

歴史[編集]

備考[編集]

  • 1993年には、阪神甲子園球場の移転候補地として挙げられていた。西梅田地区再開発着手に合わせて阪神パークを閉園し、再開発完了とともに跡地に新甲子園球場を建てる計画であった(甲子園ドーム化計画ニュース)。
  • 尼崎市立地域研究史料館では、1961年当時の個人撮影による園内映像(8分)[6]と、1954年3~5月に阪神パークと尼崎センタープール一帯を会場として開催された「尼崎大防潮堤完成記念 栄える産業博覧会」の様子を写した尼崎市広報課写真アルバム2冊などを閲覧する事が出来る[7]
  • 阪神パーク内に展示されていたレオポン剥製の内、「レオ吉」と「ポン子」は東京都台東区上野公園内の国立科学博物館に、「チェリー」と「ディジー」は大阪市天王寺区大阪市天王寺動物園にそれぞれ引き取られた。なお「ジョニー」は西宮市が管理し、同市の市営リゾート施設・リゾ鳴尾浜に展示されている。
  • 阪神ファンとして知られる声優・歌手の水樹奈々が阪神甲子園球場でコンサートを開催したが、公演名「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」は阪神パークにちなんでいる。[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 直後の4月には阪急電鉄が運営していた宝塚ファミリーランドが閉鎖になっている。また近鉄あやめ池遊園地が翌年6月に閉鎖している。関東私鉄でも小田急電鉄向ヶ丘遊園が2002年3月に閉鎖している
  2. ^ レオポン5頭とその両親の剥製は、閉園まで園内のレオポンコーナーに保存。このうち最後まで生きた1頭の剥製は同市内のリゾ鳴尾浜にて展示されている
  3. ^ 一頭のキク子は移住から約半年後の2003年11月に老衰で死亡、もう一頭のアキ子2006年7月24日に再移住先の勝浦ぞうの楽園にて老衰で死亡
  4. ^ 編集長敬白 2008年7月11日 消えた「阪神甲子園パーク」の保存車。
  5. ^ なお、阪神甲子園球場で開かれるアメリカンフットボールの大学選手権も甲子園ボウルと称する
  6. ^ タイトル「昭和35・36年頃家族映像・青葉台の闘い・訴 [映像資料]」フィルムからVHSに変換済み
  7. ^ Web版図説尼崎の歴史 ジェーン台風と防潮堤(尼崎市立地域研究史料館)
  8. ^ [1]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度43分2.7秒 東経135度21分47.6秒 / 北緯34.717417度 東経135.363222度 / 34.717417; 135.363222