蘇 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(そ)は、漢姓の一つ。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音
注音符号 ㄙㄨ
ラテン字 Su
広東語発音: Sou1
上海語発音: Su1
台湾語白話字 So͘
テンプレートを表示

起源[編集]

変遷[編集]

著名な人物[編集]

郡望[編集]

主要な郡望は 武功郡扶風郡藍田県河內郡河南郡等。

堂号[編集]

  • 武功
  • 武陵
  • 扶風
  • 藍田
  • 老泉

朝鮮の姓[編集]

各種表記
ハングル
漢字
発音:
日本語読み:
英語表記: So,Soh, Sho, Soo
テンプレートを表示

(そ、ソ、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

本貫は晋州蘇氏のみである。 BC 4241年東九夷風夷の子孫である赤帝祝融が風州倍谷に都邑を決め、全土にムクゲ[蘇]を植えて姓を蘇、名前を復解としたことが蘇氏のはじまりだという。BC 2392年復解の 61世孫である豊が蘇城(吉林省)の河伯に封ざれ、 BC 209年豊の 69世孫蘇伯孫が辰韓を建国したと言う。 伯孫の 29世孫慶は新羅真徳女王の時最高官職である上大等となった。660年(太宗武烈王 7) 晋州九柿洞(現在の相手洞)に居住し、晋州蘇氏の始祖になった。高麗時代には多数の著名人を輩出した。

人口と割合[編集]

全北益山市 • 南原市 • 高敞郡などに集団部落を成している。

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年 2万 4288人   258姓中68位  
1985年   9,356世帯  274姓中69位  0.09%
2000年      

出典[編集]

関連項目[編集]