出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(びん)は、漢姓の一つ。中国・朝鮮などに見られる。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Mǐn
注音符号 ㄇㄧㄣˇ
ラテン字 Min
広東語発音: Man5
上海語発音: Min2
台湾語白話字 Bín
テンプレートを表示

閔(びん)は、中華圏の姓の一つ。『百家姓』の132番目。

著名な人物[編集]

朝鮮の姓[編集]

ミン
各種表記
ハングル
漢字
発音: ミン
日本語読み: びん
ローマ字 Min
英語表記: Min, Minn, Mihn, Mhin
テンプレートを表示

(びん、ミン、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

  • 閔妃 - 朝鮮王朝高宗の妃。明成皇后(追号)。

氏族[編集]

本貫は驪興閔氏一つである。文献には黄驪、栄州など下記のものなどが伝わるが、黄驪は驪興の古号で、栄州閔氏は驪興閔氏の支派として近世に合譜になった。

始祖は系図上高麗時代尚衣奉御であった閔称道だが、その来歴は明らかではない。

閔氏は高麗末期~朝鮮初期、朝鮮粛宗英祖高宗の三つの時期において権勢をふるった。

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
驪興閔氏 孔子の弟子の国の閔子騫が始祖
黄驪閔氏
栄州閔氏
漢陽閔氏
竹山閔氏
清風閔氏

人口と割合[編集]

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年 8万7262人 1万5467世帯 258姓46位
1985年 3万3706世帯 274姓中46位 0.35%
2000年 15万9054人 4万8935世帯 286姓中47位

関連項目[編集]