韓 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(かん)は、漢姓の一つ。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Hán
注音符号 ㄏㄢˊ
ラテン字 Han
広東語発音: Hon4
上海語発音: Ghoe1
台湾語白話字 Hân
テンプレートを表示

著名な人物[編集]

  • 韓信ー秦末から前漢初期の武将。漢の三傑の一人。
  • 韓安国ー前漢中期の政治家。
  • 韓愈ー唐中期の文人。唐宋八大家の一人。
  • 韓当ー後漢末期から三国時代の武将。
  • 韓世忠ー北宋末期から南宋初期の武将。
  • 韓雲階ー中華民国・満州国の政治家・実業家。

朝鮮の姓[編集]

かん
各種表記
ハングル
漢字
発音: ハン
日本語読み: かん
ローマ字 Han
英語表記: Han , Hahn, Hann
テンプレートを表示

(かん、ハン、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

韓氏は韓国の最古の歴史を持ったいわゆる三韓甲族である。本貫は殆どが清州韓氏であるが、文献には清州韓氏以外にも10余本が記録され、皆清州韓氏の分派だともいうが詳細はわからない。韓氏は遠く古朝鮮時代にその淵源を置く。『清州韓氏世譜』によると箕子朝鮮の最後の王準王の後代に友誠、友平、友諒の3兄弟がいて、それぞれ箕氏、鮮于氏、韓氏となり、清州韓氏の始祖韓蘭は友諒遠孫だという。古朝鮮時代の王室だった韓氏は高麗後期に多くの人物を輩出し、朝鮮王朝時代には文科及第者315人、相臣12人、功臣24人、大提学1人、王妃6人を輩出した。今日清州を中心にした忠北一帯は韓氏の同族部落(集成村)が多く、申氏とともにこの地元の大姓として数えられている。

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
押海韓氏韓国語版
安辺韓氏韓国語版
清州韓氏 中国殷王朝聖人政治家箕子の建国した箕子朝鮮の最後の王準王の3人の子のうちの韓蘭
平山韓氏
楊州韓氏
漢陽韓氏
湍州韓氏
鴻山韓氏
嘉州韓氏
谷山韓氏
三和韓氏
谷山韓氏
新平韓氏
唐津韓氏
大興韓氏

人口と割合[編集]

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年 39万7817人  7万1022世帯  258姓中11位  
1985年 62万8388人  14万9511世帯  274姓中11位  
2000年 70万4365人  21万8821世帯 286姓中12位   

出典[編集]

関連項目[編集]