趙 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国語
繁体字
簡体字
発音記号
標準中国語
漢語拼音Zhào
国語ローマ字Chao
注音符号ㄓㄠˋ
呉語
上海語ローマ字Zau2
粤語
粤拼Ziu6
閩南語
閩南語白話字Tiō
朝鮮語
ハングル
漢字
英語Jo, Cho, Cao, Joe, Joh, Jou

(ちょう)は、漢姓の一つ。

百家姓』で最初の姓である。同時にでもある。

中国[編集]

  • 嬴姓趙氏
    • 秦の遠祖は嬴姓中国語版であったが、秦の直接の祖である非子は趙氏を名乗っていた[1]
      嬴姓趙氏のうち秦王家流の系図。悪来王家、季勝王家の祖となった。

会話などで「走に肖の趙」と呼ぶことが多い。簡体字を使用する中華人民共和国では「走にばつの趙()」と呼ぶこともある。

著名な人物[編集]

皇族に関しては姓名で呼ばれることが多い人物のみを記す。

朝鮮[編集]

(チョー、朝鮮語: )は、朝鮮人の姓の一つである。2000年の国勢調査による大韓民国内での人口はと合わせて1,347,730人。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
金堤趙氏朝鮮語版
楊州趙氏朝鮮語版
林川趙氏 趙天赫
平壌趙氏朝鮮語版
豊壌趙氏
漢陽趙氏朝鮮語版 趙之寿
咸安趙氏 趙鼎
白川趙氏 趙之遴
淳昌趙氏
横城趙氏
稷山趙氏

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 史記』秦本紀「女防旁皋,旁皋生太幾,太幾生大駱,大駱生非子。以造父之寵,皆蒙趙城,姓趙氏。秦之先為嬴姓。其後分封,以國為姓,有徐氏、郯氏、莒氏、終黎氏、運奄氏、菟裘氏、將梁氏、黄氏、江氏、修魚氏、白冥氏、蜚廉氏、秦氏。然秦以其先造父封趙城,為趙氏。

関連項目[編集]