頼 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(らい)は、漢姓の一つ。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Lài
注音符号 ㄌㄞˋ
ラテン字 Lai
広東語発音: Laai6
上海語発音: Le3(文読), La3(白読)
台湾語白話字 Lōa
テンプレートを表示

(らい)は、中華圏の姓。『百家姓』の276番目。

台湾に特に多く、2005年の内政部の統計によると、台湾で15番目に多い姓だった。

由来[編集]

通常は国名(頼国)に由来するとされる[1]

頼家村[編集]

台湾屏東県下埔頭は住民の9割が頼姓であり、後に頼家村に改称された。

著名な人物[編集]

朝鮮の姓[編集]

らい
各種表記
ハングル 뇌 (S)뢰 (N)
漢字
発音: ノェ、ロェ
日本語読み: らい
英語表記: Noe (S) Roe (N) Noe (S) Roe (N) Roi, Noi
テンプレートを表示

(らい、ノェ、ロェ、: 뇌 (S)뢰 (N) )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

昔の文献には記録があったが、公式的には 1960年度国勢調査で初めて発見された。

人口と割合[編集]

1960年度国勢調査当時京畿道に1人、忠清北道に4人、合計5人がいた。

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年 5人   258姓中246位  
1985年    274姓中268位  
2000年      

出典[編集]

日本の姓[編集]

(らい、より)は、日本の姓。

学者の家として有名な安芸の頼氏は屋号の頼兼屋に由来する[2]

著名な人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 通志』以国為氏・周不得姓之国・頼氏。「子爵。蔡州褒信有頼亭、即其地也。昭四年為楚所滅、子孫以国為氏。」
  2. ^ 賴惟清旧宅”. 竹原市. 2016年5月20日閲覧。

関連項目[編集]