出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
各種表記
繁体字
簡体字 萧/肖
拼音 Xiāo
注音符号 ㄒㄧㄠ
ラテン字 Hsiao
広東語発音: Siu1
上海語発音: Siau1
台湾語白話字 Siau
テンプレートを表示

(しょう)は、漢姓のひとつ。『百家姓』の99番目。

2007年の公安部の統計によると、中華人民共和国で33番目に多い姓だった。

南北朝時代南斉およびの国姓でもある。

由来[編集]

広韻』の引く『風俗通』によると、の楽叔(『春秋左氏伝』荘公12年では蕭叔大心)が湣公を殺した南宮万を討伐して桓公を立てた功績によって蕭邑に封建されたのが蕭氏のはじまりだという[1]。いっぽう、『春秋左氏伝』定公4年ではの遺民六族のうちに蕭氏があったことを述べる。

蘭陵蕭氏[編集]

南斉書』高帝紀は、南朝の蕭氏を前漢蕭何の子孫と称し、長い系図を載せている。それによると、蕭氏は蕭何の孫の彪のとき以来、東海郡蘭陵県(現在の山東省棗荘市)に住んでいたが、の県令であった蕭整のとき、永嘉の乱によって南遷した。南朝斉の初代皇帝である蕭道成は蕭整の4代後の子孫にあたるという。また、『梁書』武帝紀によると、南朝梁の初代皇帝である蕭衍も蕭整の5代後にあたるという。

このような系図はもちろん皇帝の権威を高めるために作られたもので、信頼するに足りない。『南斉書』の系図では蕭望之を蕭何の子孫としているが、顔師古が『漢書』蕭望之伝の注でこのことを激しく批判している。

南斉王朝を開いた蕭道成やその父の蕭承之は武人であったが、5世紀後半以降は蕭子良のようにすぐれた文人が現れるようになった[2]

南朝宋の外戚であった蕭氏も蘭陵蕭氏であるが、『宋書』后妃列伝に載せる家系は『南斉書』や『梁書』の系図と重なるところがない。

契丹の蕭氏[編集]

契丹)王朝で蕭氏は耶律氏と並ぶ重要な姓で、皇后はほとんどが蕭氏であり、いとこ婚が多い。『契丹国志』族姓原始によると、契丹族にもと姓はなかったが、後に中国風に王族は耶律氏を、后族は蕭氏を名乗ったという。『遼史』によると、太宗大同元年(947年)に抜里・乙室已・述律の三族に蕭姓を与えた。耶律阿保機(太祖)の述律皇后回鶻の糯思の子孫であり、太宗靖安蕭皇后世宗懐節蕭皇后はその姪にあたる。景宗睿智蕭皇后も同族で、聖宗仁徳蕭皇后はその姪、欽哀蕭皇后は述律皇后の弟の蕭阿古只の子孫であるという。興宗仁懿蕭皇后道宗宣懿蕭皇后は欽哀蕭皇后の姪。

著名な人物[編集]

架空の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『広韻』下平三蕭「『風俗通』云、宋楽叔以討南宮万・立御説之功、受封蕭、列附庸之国。漢相国蕭何、即其後氏也。」
  2. ^ 川俣義雄 『魏晋南北朝』 講談社学術文庫2003年(原著1974年)、262頁。

関連項目[編集]