出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(かん)は、漢姓の一つ。中国・朝鮮・台湾などに分布する。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Jiǎn
注音符号 ㄐㄧㄢˇ
ラテン字 Chien
広東語発音: Gaan2
上海語発音: Cie2
台湾語白話字 Kán
テンプレートを表示

著名な人物[編集]

  • 簡雍 - 後漢末の政治家

朝鮮の姓[編集]

カン
各種表記
ハングル
漢字
発音: カン
日本語読み: かん
英語表記: Gan, Kan, Kan, Khan
テンプレートを表示

(かん、カン、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

加平簡氏が大宗である。元々中国の簡伯の後裔と伝わる。加平簡氏の始祖簡有は高麗第25代忠烈王の時中郎将となり、彼の子孫弘と世禎をそれぞれ派祖にする分派が生まれた。

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
加平簡氏韓国語版
南陽簡氏
瑞山簡氏
霊光簡氏
慶州簡氏
仁同簡氏
襄陽簡氏
海州簡氏

人口と割合[編集]

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年 1,179人   258姓中138位  
1985年   489世帯  274姓中143位  
2000年 2,429人     

出典[編集]

関連項目[編集]