頼桃三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

頼 桃三郎(らい ももさぶろう、1910年 - 1992年6月)は、国文学者広島大学名誉教授。 頼春風頼山陽の叔父)の高孫、いわゆる竹原頼家の子孫として広島県竹原に生まれる。第三高等学校を経て、1933年東京帝国大学国文科卒。大学院を経て39-45年NHK東京放送局勤務。49年広島大学教育学部分校の教師。53-63年広島大学三原附属中学校・高等学校校長。その後広島大学教授となり74年定年退官、名誉教授、安田女子大学教授。近世浄瑠璃を専門とした。

息子に広島大学名誉教授の頼祺一がいる。中国文学者頼惟勤は広島頼家(頼春水-頼山陽)の子孫にあたることから、いわゆる遠い親戚になる。

著書[編集]

  • 十菊随筆 頼桃三郎顕彰委員会、1949
  • 詩人乃手紙 近世文壇史話 文化評論出版、1974
  • 去年の雪 渓水社、1978.3
  • 十菊新抄 渓水社、1979.6

校訂など[編集]

  • 浄瑠璃集成 第1-2輯 私家版、1935
  • おしゅん伝兵衛近頃河原達引・おはん長右衛門桂川連理柵 岩波文庫、1939
  • 美濃や三勝あかねや半七艶容女舞衣 竹本三郎兵衛 岩波文庫、1939
  • 丹波與作・冥途の飛脚 近松門左衛門 武蔵野書院,1950.9 校註近松文学選

家系[編集]

尾藤二洲
 
 
 
 
 
梅月
 
 
飯岡義斎
 
 
 
 
 
梅颸
 
 
 
 
頼山陽
 
頼聿庵
 
頼誠軒
 
 
 
頼惟勤
 
 
 
 
 
 
 
頼惟清
 
頼春水
 
 
 
頼支峰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼三樹三郎
 
 
 
 
 
 
 
頼春風
 
 
 
頼達堂
 
 
 
 
 
 
 
 
頼景譲
 
 
 
 
 
順子
 
 
 
 
 
 
唯子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼桃三郎
 
頼祺一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼小園
 
 
 
 
頼杏坪
 
頼采真
 
頼正義
 
 
 

参考[編集]