頼惟勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

頼 惟勤(らい つとむ、1922年2月2日 - 1999年7月15日)は、日本中国文学者お茶の水女子大学名誉教授

略歴[編集]

東京府生まれ。父は東京高等学校教授の頼成一[1]、惟勤は頼山陽の6代目の子孫(山陽の子・聿庵の末裔)。1939年(旧制)私立武蔵高等学校卒業後、1943年東京帝国大学文学部支那哲学支那文学科を繰り上げ卒業。1944年、海軍少尉。1945年、中尉。

復員ののち倉石武四郎の世話で京都帝国大学教務嘱託。1949年東京大学文学部副手。1952年、お茶の水女子大学専任講師、のち1959年に助教授、1964年に教授。1979年から1983年にかけて附属高等学校長。1987年定年退官、名誉教授、千葉経済短期大学教授。1992年、定年退職。1997年勲三等旭日中綬章受勲。中国音韻学が専門。

家族・親族[編集]

頼家
1891年 - 1951年
  • 妻(文学博士・倉石武四郎の長女)[2]
親戚

国文学者の頼桃三郎は竹原頼家(山陽の叔父の頼春風)の子孫にあたることから、いわゆる遠い親戚になる。義父は中国語学者の倉石武四郎[2]。山井鼎の子孫である山井湧とは従兄弟。

家系図[編集]

尾藤二洲
 
 
 
 
梅月
 
 
 
 
 
 
 
 
淳子
 
 
 
 
頼誠軒
 
 
頼成一
 
頼惟勤
 
 
 
 
 
 
飯岡義斎
 
 
梅颸
 
 
 
頼聿庵
 
 
 
 
 
 
頼山陽
 
 
頼惟清
 
頼春水
 
 
 
頼支峰
 
 
 
 
 
 
 
梨影
 
 
 
 
 
 
頼三樹三郎
 
 
 
 
 
 
 
頼春風
 
頼景譲
 
頼達堂
 
 
 
 
 
 
 
 
頼小園
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼桃三郎
 
頼祺一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼杏坪
 
頼采真
 
頼正義
 
 
 

著書[編集]

  • 江戸時代後期の儒学(「漢文古典 1」 放送大学教材、1987年3月)
  • 頼惟勤著作集 I 中国音韻論集 (汲古書院、1989年2月)
  • 頼惟勤著作集 II 中国古典論集 (汲古書院、1989年8月)
  • 中国古典を読むために-中国語学史講義 (水谷誠編、大修館書店、1996年3月)
  • 頼惟勤著作集 III 日本漢学論集 嶺松廬叢録 (汲古書院、2003年7月)

編纂[編集]

  • 日本漢学(水田紀久共編 大修館書店 1968年)
  • 日本思想大系 37 徂徠学派(岩波書店 1972年)
  • 頼山陽 日本外史(校訂・書き下し、岩波文庫(全3巻)、1977年 - 1981年)
  • 中国語(平松圭子共編 放送教育開発センター 1984年、ラジオ大学講座)
  • 中国語 講読編(平松圭子共編 放送大学 1984年、ラジオ大学講座)
  • 江戸の思想と心情(高島元洋共編 江戸とは何か 現代のエスプリ別冊 至文堂、1986年)
  • 頼山陽詩集(直井文子共校注 新日本古典文学大系 岩波書店 1996年7月)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録 第14版 下』ラ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月17日閲覧。
  2. ^ a b 『人事興信録 第15版 上』ク17頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 「新日本古典文学大系」月報紹介文