出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
各種表記
繁体字
簡体字
拼音
注音符号 ㄏㄜˊ
ラテン字 He
広東語発音: Ho4
上海語発音: Wu1, Gha1
台湾語白話字
テンプレートを表示

(か)は、漢姓のひとつ。『百家姓』の21番目。

2007年の公安部の統計によれば、中華人民共和国で17番目に多い姓であり、その人口は1000万人を越える。

由来[編集]

広韻』をはじめとして、姓に関する書には、もとは韓氏だったのが、長江淮河流域では「韓」を「何」のように発音するので、何の字を用いるようになった、という話を述べている[1]

歴史的に何氏にはさまざまな由来がある。『魏書』官氏志には賀抜氏が後に何氏に改めたとする。『新五代史』には吐谷渾の何戛剌の朝貢を記す。何東の父はオランダ系である。

著名な人物[編集]

日本人[編集]

  • 何礼之 - 幕末から明治にかけての翻訳家、官僚。

架空の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『広韻』下平七歌・何(胡歌切)「出自周成王母弟唐叔虞後、封於。韓滅、子孫分散。江淮間音以「韓」為「何」。字随音変、遂為何氏。出廬江・東海・陳郡三望。」