出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(ふう、ひょう)は、漢姓のひとつ。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音 Féng
注音符号 ㄈㄥˊ
ラテン字 Feng
広東語発音: Fung4
上海語発音: Von1
台湾語白話字 Pâng
テンプレートを表示

「馮」は中華圏の姓のひとつ。一般的な姓で、2007年の公安部の統計によると、中華人民共和国で28番目に多い姓だった。『百家姓』では9番目に置かれている。

読み[編集]

「馮」の字は、通常は píng と読むが[1]、姓の場合は féng と読むことになっている[2]。前者の場合は後に多く「憑」と書かれ、現代中国では「凭」の字を書く。日本語では前者が「ひょう」、後者が「ふう」に相当するので、理屈の上では「ふう」と読むべきであるが、実際には「ひょう」と読まれることも多い。

なお、さんずいの「溤」は別字であるが、しばしば「馮」のかわりに使われることがある[3]

国姓[編集]

馮氏は5世紀はじめの北燕の国姓であった。北燕は馮跋馮弘の2代で滅亡したが、その子孫が北魏にはいった。その中でもっとも有名な人物が馮太后(文成文明皇后)である。

著名な人物[編集]

朝鮮の姓[編集]

プン
各種表記
ハングル
漢字
発音: プン
日本語読み: ふう、ひょう
テンプレートを表示

(ふう、ひょう、プン、: )は、朝鮮人の姓の一つである。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

本貫は臨朐馮氏のみである。始祖は臨朐の馮三仕である。明末期に満州族が侵攻すると義兵を募り、蜂起したが、敗れ瀋陽に抑留された。後に丙子の役清の人質となっていた鳳林大君が朝鮮に帰国する際に、遂行して帰化した。

人口と割合[編集]

1930年度国勢調査の時全国に38世帯あり、そのうち23世帯が京畿道地域に集中していた。

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年 173人   258姓179位
1975年 249人   249姓中183位
2000年 586人   

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『広韻』下平十六蒸、凭小韻(扶冰切)「周礼馮相氏(後略)」
  2. ^ 『広韻』上平一東「馮翊、郡名。又姓。畢公高之後、食采於馮城、因而命氏。出杜陵及長楽。房戎切。」
  3. ^ 干禄字書』平声

関連項目[編集]