出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
各種表記
繁体字
簡体字
拼音
注音符号 ㄩˊ
ラテン字 Yu
広東語発音: Jyu4
上海語発音: Yu1
台湾語白話字 Î, Û
テンプレートを表示

(う)は、漢姓のひとつ。『百家姓』の82番目。

2007年の公安部の統計によると、中華人民共和国で38番目に多い姓だった。

北方系の姓であり、台湾の上位100位までの姓には含まれていない。

中国語普通話 と発音する姓には、ほかに「」がある。そのため、「干にかぎの于」と呼ぶことが多い。

由来[編集]

武王の子を邘国(現在の河南省沁陽市)に封じたが、のちにその子孫がおおざとを抜いた「于」を氏としたのが由来であるという[1]

鮮卑の八姓のひとつにも于氏があるが、『魏書』官氏志によると勿忸于氏が単姓化したものであるという。

また、代には淳于氏の「淳」字が憲宗の「純」と同音であるため、避諱して「于」一字のみにしたという[2]

著名な人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元和姓纂』上平十虞・于。「周武王第二子邘叔子孫以国為氏、後去「邑」為于。」
  2. ^ 鄭樵通志』巻二十六・氏族略・淳于氏、1161年。「『風俗通』曰、春秋時小国也。桓五年不復其国。子孫以国為氏。唐元和初、避憲宗嫌名改于氏。」