霊思何皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

何皇后(かこうごう ? - 189年)は、中国後漢霊帝皇后で、は不明。は思で、諡号としては夫の諡を重ねて霊思皇后荊州南陽郡宛県(河南省南陽市)の出身。父は何真。母(舞陽君)は何真の後妻。子は少帝弁。異母兄は何進。異父兄は何苗(朱苗)。妹は張譲の子(養子?)の妻。

屠殺家という下賤の出自だったが、賄賂を用い宦官の伝い手で後宮に入った[1]。後宮に入った後、霊帝の寵愛を受け、男子(少帝弁)を生んだ。しかし気が強かったため、後宮の和を幾度か乱したという。

霊帝の皇后であった宋氏[2]が寵愛を失い、間もなく宦官の讒言により無実の罪を着せられ廃されると、何氏が皇后に立てられた(180年)。父に車騎将軍と爵位を追贈し、母にも舞陽君を贈った。

霊帝の寵妃であった王美人[3]劉協(献帝)を生んだ時は激しく嫉妬し、王美人を毒殺した。霊帝が激怒し、何氏は廃されそうになったが、宦官の取りなしにより何とか免れた。

189年、霊帝崩御後に少帝弁が即位すると、何氏は摂政皇太后となった。政敵であった董太后[4]との争いに勝ち、董太后を洛陽から追放した。しかし、何氏の政権を支える何進と宦官(十常侍)が争い、何進が袁紹たちと共に十常侍の殺害を計画すると、宦官とも結託していたため、何苗と共に何進の計画に反対した。結果、何進と十常侍が政争で共に滅び、また何苗も殺害されてしまい、洛陽に入った董卓が権限を手中にすることとなった。

董卓は董太后と自分が同族であると信じていたため、董太后の報復として何氏を排除しようとした。董卓は何太后を脅迫して少帝の廃位を実行し、董太后が養育していた劉協を帝位に就かせた。さらに董卓は何太后に対し、かつての董太后に対する振る舞いがの道に叛く行ないだと問責した上で、永安宮に幽閉して、後に殺害してしまった。何太后が霊帝の陵に合葬されると、董卓は霊帝の陵の副葬品を悉く奪い取ったという(董卓伝)。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、董卓の命令を受けた李儒に毒酒を飲むよう勧められるが、それを拒否したがために、幽閉されていた塔の上から李儒に突き落とされることになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 同郷の宦官の郭勝であるという。『後漢書』霊思何皇后紀の注『風俗通』では、戸籍調査の役人へ賄賂を渡しており、恐らく宦官ではない。
  2. ^ 扶風郡平陵県の人。父は執金吾に採り立てられた。宦官の王甫が調略により死に追いやった皇族の夫人と縁戚であったため、報復を恐れた王甫に讒言され、無実の罪を着せられた上で自害に追い込まれた。一族も三族皆殺しの刑に処せられた。無辜の死であったため、愛惜しない者はなかった。
  3. ^ 冀州趙国の人。祖父は五官中郎将であった。
  4. ^ 冀州河間郡の人。霊帝の生母で、桓帝の未亡人である竇太后が死去した後、朝政に関与するようになった。一族の董重を採り立てて官職に就けるとともに、一部の宦官と結託して権勢を振るった。劉協を養育していた。

参考資料[編集]